« シベールの杜 南中山店 | Main | インターネットで古書を買う »

March 30, 2008

篤姫:第13回「江戸の母君」

「大奥」チックではあるけれど、「大奥」のようには全くドロドロしていない「篤姫」。
斉彬殿の正室英姫ママはアヤシイ覆面を着けて意地悪な雰囲気を漂わせてはいましたが、すぐに「幾島忠臣物語」に切り替わってしまいました。事の真相を突き止めますって、次回は幾島の「家政婦は見た」!?

そうそう、不純な動機で江戸へ行きたかった尚五郎君は、江戸行きメンバーから外されました。替わりに西郷どんを連れて行くと。そりゃあ誰だって「殿様のために働けることが嬉しい!!!」と喜ぶ西郷どんを選ぶでしょう。
納得がいかないと小松の先生に訴えに行ったら、小松の先生からはオレは殿の側にいたいのに琉球へ飛ばされるんだ!と聞かされて、自分が恥ずかしいとまた泣く尚五郎君なのでした。
まぁ、カワイイから許します(笑)

|

« シベールの杜 南中山店 | Main | インターネットで古書を買う »

Comments

不純さがミエミエでしたからねぇ。

Posted by: ryi | March 30, 2008 at 09:10 PM

叫べ尚五郎!もっと叫べ!!!といいたくなりました。
桜島があるとこういうとき絵になりますね。

Posted by: 今日感 | March 30, 2008 at 09:14 PM

>ryiさま

あのミエミエなところがたまらないのですけれどね(爆)


>今日感さま

篤姫が富士山に叫んでいましたけれどね^^;
そうそう、もっと叫べ尚五郎!
でも叫ぶほど、みじめかもweep

Posted by: ヒロ子 | March 30, 2008 at 09:22 PM

こんばんは!
尚五郎動機が不純すぎるけど
アノ性格だからそれも納得してます。
もうちょっとしゃきー!!としてほしいけど。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | March 30, 2008 at 11:31 PM

>ぱるぷんて海の家さま

こんばんは☆

尚五郎、薩摩隼人だろっ!とツッコミたい時もありますが、
でもみんながみんな西郷どんみたいでもキツイですし、
まぁ、尚五郎は尚五郎でよしとしてください^^;

Posted by: ヒロ子 | March 31, 2008 at 07:37 PM

引っ越し騒ぎでコメントの発見が遅れて申し訳ありません。
尚五郎、私も気に入ってるのですよ〜許せる(笑)
ヒロ子さんの感想を読むのがたのしいです、来週は家政婦は見た!ですか??おもしろい。

Posted by: patra | April 02, 2008 at 12:36 PM

>patraさま

こんばんは!
お引越し作業、お疲れ様でした!

patraさんも尚五郎ファンでしたか。
一緒に応援しましょうねhappy01

Posted by: ヒロ子 | April 02, 2008 at 07:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/40693692

Listed below are links to weblogs that reference 篤姫:第13回「江戸の母君」:

» 「篤姫」第13回 [日々“是”精進!]
第十三回「江戸の母君」徳川将軍家の御台所になるため、篤姫はまず船で大坂に向かう。荒い波にもまれ激しい船酔いに苦しむ船旅となったが、篤姫と幾島の絆はさらに深まった。その後、篤姫らは京都の近衛忠熙に挨拶に行く。そこで幾島は、家祥が公家の娘を正室にするという...... [Read More]

Tracked on March 30, 2008 at 09:08 PM

» 大河ドラマ 「篤姫」 江戸の母君 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
ついに江戸に向けて出発。 話が動き始めています。 その前に近衛家への養子縁組・・・。 またも父が変わる・・・。 [Read More]

Tracked on March 30, 2008 at 09:11 PM

» 篤姫(3月30日) [今日感]
冒頭で都城こそ島津発祥の地、という曰くつきのエピソードが流れましたね。 昨年の風林火山でも山本勘助出生の地ということで似たような話しがあったような・・・ こういうのもなんですが、NHKに物申してみるものですね(笑)... [Read More]

Tracked on March 30, 2008 at 09:13 PM

» 篤姫「江戸の母君」 [ありがとう!、あてつけじゃないよ。]
篤姫「江戸の母君」 近衛家は名門なのですね。 五摂家筆頭らしい。 この名門家と600年も付き合うのある島津は、昔は近衛家の家来だったのか?。 侍女のしの帰る。 しのが…、篤姫に随行せず薩摩に残った。 一体?、しのの役割は何だったのか…。 尚五郎は「江戸に行きたい」という希望を持つようですが、今週は叶わなかった…。 もしかして尚五郎の夢や希望は切なく終る「役割」なのでしょうか?。 篤姫は舟に乗って大阪経由で京都入り。 京都でもっとゆっくりして歴史上の誰かと「ありえない出会い」でもすれば良いのに... [Read More]

Tracked on March 30, 2008 at 09:20 PM

» 篤姫・第13話 [ブルー・カフェ]
「篤姫」オリジナルサウンドトラックTVサントラ,吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る 今日はちょっと遅くなってしまいました(来週はもっと遅くなると思いますが)さて→篤姫第13話です。 【篤姫と幾島】 日向灘は大荒れに荒れて、慣れない船旅にあっつーはヘロヘロです。いつ、いかなる時も気丈な幾島さまは全力であっつーをお守りします。 ヘタばるあっつーを甲斐甲斐しく世話をする幾島さま。二人の間にはどんどん「信頼」という絆が強くなっているように見えます。 あっつーがヘロヘロな頃、陸地では「あっつー... [Read More]

Tracked on March 30, 2008 at 09:59 PM

» 篤姫第13回「江戸の母君」 [さくら色通信]
遂に鹿児島を後にした篤姫。いきなり江戸へお嫁入りする訳ではなく、御台所にふさわしい身分を作るため、さらに京の近衛家へ養女になりました。船酔いやら篤姫が御台所になるなんて話はデマ…みたいなことを言われたりして早速試練の連続の篤姫ですが、その代わりに幾島と...... [Read More]

Tracked on March 30, 2008 at 10:17 PM

» 篤姫〜第13話・英姫 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
篤姫(宮崎あおい)は、帆船に乗って京都に向かいますが、海が荒れて船酔いで苦しみます。船がどんなに揺れても幾島(松坂慶子)は泰然自若としており、下女たちをテキパキと指図して姫様を介抱させます。頼りになる幾島に篤姫も「そなたも寝てないでのはないか?」と気遣うようになります。(篤姫、第13話・江戸の母君の感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on March 30, 2008 at 10:25 PM

» ★ここまで来たら殿を信じるしかないよ・・「篤姫13」 [・*:・ふわゆら生活・:*・]
今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみましたぁ〜長塚パパ。。とりあえずご無事でなにより。。大河ドラマ「篤姫」江戸行きならず尚五郎ショ〜〜ック。。今回の江戸行きに選ばれたのは西郷どん。。これってかなりショックだよねぇ。。その上そのことを...... [Read More]

Tracked on March 30, 2008 at 10:39 PM

» 【篤姫レビュー】江戸の母君 [必然的なヒストリー]
篤姫が江戸へ出立。船酔いする篤姫。初めての船旅、無理もないことです。ここで動ぜぬ人物がただ一人。その名は幾島。流石です。前世が「二位の尼」だっただけあって、船旅には強い様子です。しかもさり気なく一言「この先は極楽にございます」ってアナタ・・・。篤姫は安徳天皇ですか!! 近衛家を訪れた後、今度は陸路で江戸へ向かい、江戸藩邸に入る篤姫。そんなこんなで道中シーンは終わりましたが、篤姫と同じ名前の役で中島美嘉を出演させるとか面白いサプライズが欲しかったところです。江戸編では、有名どころではまず佐藤藍子・余... [Read More]

Tracked on March 30, 2008 at 11:23 PM

» もう一人の篤姫!! [函館 Glass Life]
激しい船酔いに苦しむ篤姫と幾島ですが、人間は苦境 に陥ると絆が深くなるものなのです{/kaeru_love/} 幾島が言った『波さえ無ければ籠に乗るよりはるかに 楽』とは全くその通りかも知れません。 もしかして籠酔いもあったかも知れませんね{/kuri_1/} またまた登場、攘夷の権現の様な徳川斉昭ですが、篤姫 の輿入れには絶対反対の様です。 老中・阿部正弘もこの人物にはほとほと手を焼いていま すよね{/kuri_5/} ところで 歴代の御台所では三代将軍徳川家光以来、全て京都で育 った姫なので... [Read More]

Tracked on March 31, 2008 at 10:36 AM

» 篤姫 第13回 江戸の母君 [くまっこの部屋]
今回もくじけるな尚五郎、と応援したくなる回でしたね。で篤姫はいよいよ京都の近衛家 [Read More]

Tracked on March 31, 2008 at 10:59 PM

« シベールの杜 南中山店 | Main | インターネットで古書を買う »