« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

March 30, 2008

篤姫:第13回「江戸の母君」

「大奥」チックではあるけれど、「大奥」のようには全くドロドロしていない「篤姫」。
斉彬殿の正室英姫ママはアヤシイ覆面を着けて意地悪な雰囲気を漂わせてはいましたが、すぐに「幾島忠臣物語」に切り替わってしまいました。事の真相を突き止めますって、次回は幾島の「家政婦は見た」!?

そうそう、不純な動機で江戸へ行きたかった尚五郎君は、江戸行きメンバーから外されました。替わりに西郷どんを連れて行くと。そりゃあ誰だって「殿様のために働けることが嬉しい!!!」と喜ぶ西郷どんを選ぶでしょう。
納得がいかないと小松の先生に訴えに行ったら、小松の先生からはオレは殿の側にいたいのに琉球へ飛ばされるんだ!と聞かされて、自分が恥ずかしいとまた泣く尚五郎君なのでした。
まぁ、カワイイから許します(笑)

| | Comments (7) | TrackBack (11)

March 27, 2008

シベールの杜 南中山店

Photo
仲良しのTちゃんが県外へ引っ越すことになったので、”シベールの杜 南中山店”でランチ送別会をしました。私にとってTちゃんは数少ない同業者の友人でしたのでとても寂しかったのですが、Tちゃんはいたって普通にニコニコ。まぁ、隣県ですから、会おうと思えばいつでも会えるのですけれど。

Photo_2

”シベールの杜 南中山店”は聖和学園短期大学の隣りにある、明るくて小洒落た女子大生が好きそうなイタリアンカフェです。コースランチは前菜、メイン、デザート、ドリンクが付いて1680円(たぶん…)。前菜がなかなか豪華でびっくり。タコのガーリックオイル炒めのような物がおいしかったです。

Photo_3
メインはパスタとピザから選びます。春野菜のパスタ、筍のピザ、トマトソースのパスタを注文して、三人で分けました。筍のピザは生地が薄くてパリッとしていて、バジルがきいていて、とてもおいしかったです。若い子が満足しそうなくらいのボリュームで、かなりお腹一杯。でもデザートのティラミスはあっさりとしたティラミスで、別腹でしっかりいただきました。

Tちゃん、元気で頑張ってね!
そしてまた遊びましょうね!!


| | Comments (0)

March 26, 2008

バースデーケーキ

Photo
いつも遊んでいる仲間達が誕生日を祝ってくれました。
定例の飲み会で、同じく3月生まれのKちゃんと一緒にです。
ロウソクをふーってするのって久しぶりだったかも。
やっぱり人に祝ってもらうと嬉しいものですね。
Photo_2
ふつう誕生日プレゼントは花じゃないかと思うのですが、酒飲みのKちゃんと私には花より酒と肴でしたcoldsweats01

どうもありがとうhappy01

| | Comments (2)

March 23, 2008

篤姫:第12回「さらば桜島」

一度だけ、鹿児島へ行き、桜島を見たことがあります。海に浮かぶその姿は雄雄しくも美しい山だと思いました。
篤姫は桜島に別れを告げます。
「これからも薩摩の皆を見守りくださいませ。」
山は神。
そこに住む者にとっては、ただ自然物として存在するのではなく、心の支えとなるような大きな存在なのだとふと思いました。

鹿児島との別れ、桜島との別れ、そして家族との別れ。もう鹿児島へは戻らないということは、今和泉島津家の家族とは最後の別れになるのでしょうか。花粉症で目も鼻もヒリヒリするのに、さらに涙と鼻水で痛くなりました。

それにしても宮崎あおいちゃんは、赤がよく似合います。朱、赤、桃色、深い赤、同性ながら見惚れてしまうのでした。

| | Comments (6) | TrackBack (10)

March 22, 2008

ライラの冒険 黄金の羅針盤

「ハリーポッター」「ロード・オブ・ザ・リング」「ナルニア国物語」とファンタジー映画の大作を観てきて、少々ファンタジーは食傷ぎみ。「ライラの冒険」も三部作だと聞くし、パスしようかと思いつつ、でも観てしまいました。が、案外面白かったです。

相変わらずの美貌とナイスバディのニコール・キッドマンのちょっと笑える演技もさることながら、ライラ役のダコタ・ブルー・リチャーズがキュートで魅力的で、ニコール・キッドマンに負けていないところがとてもいい。探検家で学者の叔父さんは元007なので、いきいきとカッコよく戦闘シーン(?)をこなしています。そして、ダイモン!人間の魂が動物の形をして生涯寄り添うというその存在は、よく考えれば矛盾も生じそうですが、実際にいたら…と想像するとウキウキドキドキです。
キャラクターが魅力的なことに加えて、ストーリーが分かりやすいのもポイント。原作を凝縮させているのでしょうから、時々なんでそうなるの?と疑問に思うところはありますが、全体的には分かりやすくて、スピーディーで、疲れないし眠くもなりませんでした。泣き所が無く、ここで終るの!?と少々物足りない感が残るエンディングでしたが、第二部を観てもいいかなとは思いました。

ジプシャンの子、ビリー(Charlie Rowe)が可愛いかったなぁ。

↓HPから自分のダイモンが分かります。
http://www.goldencompassmovie.com/?&lang=japanese&start=home


| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 21, 2008

自分への誕プレ

昨日は(30+x)歳の誕生日でした。

子どもの頃のように誕生日というだけでウキウキはしませんし、
あまりめでたいとも思えませんが、
でも、いろいろな方にお祝いの言葉をいただき、
無事に年を重ねられたことを考えれば、
ありがたいなぁとは思います。

また一年感謝の気持ちを忘れずに日々過ごしたいと思います。


さて、自分への誕生日プレゼントにカバンを買いました。
実は数ヶ月前に見て「欲しい」と思ったものの、少々お値段が高くて迷っていたのです。でも、買ってよかったです。このタイプのカバンとしては、本当に軽くて、たっぷり入って、持ちやすい。いい自分へのプレゼントになりました。
Kaban

| | Comments (2)

March 18, 2008

懸賞

Photo
不思議なことに、懸賞は当たる時は続けて当たります。いくつか当たると、またしばらくぴたりと当たらなくなります。

今回はハウス食品の詰め合わせを当てました。本当は、1等の米を狙っていたのですけれどね。でも、香辛料もルーも使う物なので、ありがたいです。

| | Comments (0)

March 16, 2008

篤姫:第11回「七夕の再会」

いやぁん、幕末純愛物語でございました~。
尚五郎、可愛い~heart04
少年のような無垢な瞳で、斉彬殿にも好感をもってもらいよかった、よかった。
そうそう、あおいちゃんのピンク、水色、朱色など色鮮やかなお色直しも、とっても可愛かったですね。
ツッコミは他の方にお任せして、今回も面白く見終えた『篤姫』でした。

| | Comments (3) | TrackBack (8)

March 13, 2008

和sian-cafe aimaki

Aimaki
さて、登米市(宮城)→藤沢町(岩手)→本吉町(宮城)と抜ける国道346号線沿い、雰囲気のいいアジアンカフェ"あいまき"があります。もともとは産地直売所だった建物なのだそうで、中はわりと広々ゆったりしています。お天気のいい休日の午後ということもあってか、お客さんが次々に出入りして繁盛している様子。考えてみればこの辺り、ドライブの途中でちょっと寄れるいい感じのお店がありませんもの。

私が注文したのはグリーンカレーセット(850円)。春雨のサラダが付き、プラス200円から400円でドリンクもセットにできます。筍、キノコ、パプリカなどの野菜とチキンが入ったグリーンカレーは、ココナッツミルクたっぷりで、グリーンカレーとしてはマイルドな味わい。ですが、辛旨です。個人的にはもう少したっぷりカレーをかけてほしいところ。
次はスイーツも食べたいな、キーマカレーや水餃子も食べたいな、と思ったのでした。
Photo

お店情報:
住所:岩手県東磐井郡藤沢町大籠字切通9-2
電話:0191-62-2340
定休日:水曜日
HP:http://www13.plala.or.jp/aimaki/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2008

大籠キリシタン殉教公園

Photo
仕事で国道346号線を北上して気仙沼へ行くことがあります。宮城県の登米市から岩手県藤沢市の端を通り本吉町、気仙沼市方面へ抜ける道は西郡街道と呼ばれ、江戸時代には多くの商人らが往来したのだとか。山間を抜ける街道は現在では、天気の良い昼間には心地よいドライブコースです。
この西郡街道沿い、東和町から藤沢町へかけて、キリシタンの史跡が存在します。先日、その一つ、大籠キリシタン殉教公園に行きました。

歴史的背景を簡単に説明しますと、この辺りは鉄の産地であり、江戸時代に製鉄技術と共にキリスト教が伝えられたのだそうです。さらにスペイン人の宣教師が葉タバコの栽培方法を指導しながら布教活動を行い、多くの土地の人が信者になったのだとか。しかし禁教令が強化され、宣教師や信者は国外追放、処刑されるようになります。大籠では300人を超すキリシタンが、殉教されたのだそうです。
Photo_2

ということを、大籠キリシタン殉教公園内の資料館でお勉強しました。キリストの像が中に隠されている厨子本や、十字の描かれた茶碗など、興味深い資料が展示されています。(大人500円は少々高いですが、多くの来館者があるとは思えませんので、寄付だと思って支払いましょう。)
資料館を見た後、丘の上にあるクルス館を目指し、300余段の急な階段を上がります。息を切らせながら頂上へ辿りつけば、静寂の中、屋根に十字架のある灰色の小さな建物が佇んでいました。見渡せば遠くに悠然とした山並み。あぁ、夜にはここは銀河鉄道の駅の一つになるのかもしれません。
館内には船越保武作のキリスト像とマリア像があります。閉館のこともあるようですから、館内を見たい場合は資料館で確認してから階段を登る方がいいでしょう。ちなみに、急な階段だけでなく、迂回路もあります。

歴史の勉強をして、小高い丘の上り下りの運動もして、充実感はあるものの少々疲れました。周辺の散策は後日とすることにいたしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2008

篤姫:第10回「御台所への決心」

「箸の使い方?!」

あぁ、私はファーストレディにはなれませぬ~


さて、内容について何か書こうとすると悩みますが、今週も面白かった『篤姫』。姫さまは怒涛の勢いでレベルアップしています。斉彬公から将軍家へ嫁がせるという話を聞きちょっとパニクる姫さまでしたが、「薩摩から日本を変える!」という斉彬公のビッグな発言に俄然腹が据わります。そして”自らの意思”で将軍家に嫁ぎ、国の力になりたい、と決意表明するのでした。


「女子だからこそできることがある。」
ファーストレディに止まらずプレジデントまでいっちゃいますか?!


| | Comments (5) | TrackBack (11)

March 06, 2008

当たった

Photo
久々に懸賞が当たりました。
スーパードライが2缶。
アサヒさん、ありがとうございます。

| | Comments (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »