« 梅と犬 | Main | 『天璋院篤姫』 »

April 13, 2008

篤姫:第15回「姫、出陣」?!

災難の続く島津家。
斉彬殿の息子虎寿丸様が早世し、斉彬殿も倒れてしまいました。
お由羅サマによる呪詛調伏ではないかとは、もっぱらのウワサ。庭方役に大抜擢された西郷どんは、実際にお由羅サマを討とうと動き始めますが、当の斉彬殿に断念せよと命じられます。
そして登場、我らが篤姫!
今回は斉興様の屋敷に乗り込みます。父上母上に内緒って、そんなの無理に決まっているでしょう。警護の西郷どんを従えて高輪の斉興様の屋敷へご到着。斉興様、お由羅サマへの挨拶をするやいなや、単刀直入にお由羅サマが呪詛を行っているのだろうと詰問しちゃうのでした。初対面ですよ。今のところ先代藩主の御前ですよ。その態度は絶対ありえないでしょう。と思いつつ・・・大河ドラマ「篤姫」ですから、斉興様、お由羅サマは篤姫様のお言葉に感服し、なんと病の床の斉彬殿に見舞いの品々を贈るのでした。

大久保どんの父上が許されて帰ってきました。駆けつけた尚五郎に「これでやっと自分の未来が見えてきました」と大久保どん。そこに、「コッケコッコー」って、いよいよ”日本の夜明け”ということでしょうか???

いやはや・・・

|

« 梅と犬 | Main | 『天璋院篤姫』 »

Comments

こんばんは!
篤姫は強いのですよ
何と云っても出陣なんだから。
まああり得ない展開だったけど確かに。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | April 13, 2008 at 09:24 PM

>ぱるぷんて海の家さま

こんばんは☆
あの強さは「水戸黄門」「遠山の金さん」「大岡越前」と
並ぶものがあると思いました(爆)
まぁ、分かりやすくていいですけれど^^;

Posted by: ヒロ子 | April 13, 2008 at 09:30 PM

結局お由羅はやっていたんでしょうか・・・。

まぁ、別にどちらでもいいのですが。

Posted by: ryi | April 13, 2008 at 09:35 PM

>ryiさま

呪詛調伏、それほど効果があるものなのでしょうか。
もしお由羅がやっていたとするならば、
すごい神通力ですよね。

Posted by: ヒロ子 | April 13, 2008 at 09:38 PM

ヒロ子さん、こんにちは。
頑張っていらっしゃるじゃないですか(笑)
ワタシは「お休み」を決め込んだ途端、なんか清々しい気分になってしまいましたよ◎
まあ「純情きらり」も前半は天下無敵なヒロインについて行けなかったんですが、「戦争」という特殊な背景で後半は変わっていったから、このドラマもその辺を期待したいですね。
面白くなってきたら、また参加させてもらいたいと思います。
そしたらまたヨロシクお願しますね☆

Posted by: なおみ | April 14, 2008 at 10:22 AM

>なおみさま

こんばんは。
あぁ、なおみさんはしばらくのびのび清清しい気分で
大河を御覧になるのですね~
私はやめようかと思いつつ
細々と続けてきた大河ウオッチングですので、
今回もたぶんこんな感じで一年続けると思います^^;
後半はホームドラマでは済まないと思うのですが、
どのように展開するのか…

Posted by: ヒロ子 | April 14, 2008 at 05:57 PM

ヒロ子さん
この間もコメントがひっかかってしまい失礼しました。

この篤姫の強さが後半きっと江戸を戦火から救うことになるのでしょうね〜大河ウオッチング、どうぞ続けてくださいな。

Posted by: patra | April 17, 2008 at 02:16 AM

>patraさま

拾っていただいて、ありがとうございます。
コメントが消えた時は、焦りました^^;

「篤姫」、原作を読むとこの先が面白そうです。
今回はあまり力を入れずに、ウオッチングを続けたいと思います*^^*

Posted by: ヒロ子 | April 17, 2008 at 06:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/40870732

Listed below are links to weblogs that reference 篤姫:第15回「姫、出陣」?!:

» 「篤姫」第15回 [日々“是”精進!]
第十五回「姫、出陣」西郷は庭方役に抜擢され、篤姫の嫁入り道具一式の選定を任される。そんな折、斉彬が重い病に倒れる。容態は一向に回復せず、藩内では、「お由羅の呪詛調伏に違いない」と信じられるようになる。篤姫は、お由羅のもとに出向き、直接対決しようと意を決...... [Read More]

Tracked on April 13, 2008 at 09:19 PM

» 篤姫第15回「姫、出陣」 [さくら色通信]
実父の死を乗り越えて、篤姫は斉彬の嫡男・虎寿丸と本当の姉弟のように仲良く暮らしていたのですが、またまた斉彬の息子が亡くなってしまいました。しかもそのショックで斉彬も病に臥してしまいました。斉彬の子どもが亡くなるたびに囁かれていた「お由良さまの呪い」も単...... [Read More]

Tracked on April 13, 2008 at 09:33 PM

» 篤姫 ~ 宮崎あおいは悪党なり [スナドリの巣]
篤姫がどんどんヤバさを増してきている。 制作側が「カジュアルな時代劇」と言っているように、確かに細かい言葉遣いなどをあえて現代風に言い換えているフシがあるのだが、それは単に分かりやすくするという意味で... [Read More]

Tracked on April 13, 2008 at 10:01 PM

» 【篤姫レビュー】姫、出陣 [必然的なヒストリー]
東儀秀樹さん初登場。そして長門&涼風ペアが復活した今回。 それにしても涼風さん。ここ数年、声優と大河ドラマの仕事しかしていないように見受けられるのですが、気のせいでしょうか。何だか彼女のポジションは真矢みきさんに奪われてしまったのではないかと感じてしまう今日この頃。そういうわけで本題。今日は姫が「出陣」するお話でした。事の始まりは斉彬の嫡男が病死した事から。斉彬自身も病に倒れます。不謹慎ながら英姫の祈祷シーンはひたすら怪しい暗黒な儀式を行っているようにしか見えません。ここでどさくさに紛れて、大河史... [Read More]

Tracked on April 13, 2008 at 10:10 PM

» ★御台所であぁ〜〜る!!・・「篤姫15」 [・*:・ふわゆら生活・:*・]
今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみましたぁ〜先週も関西では篤姫の視聴率トップでした大河ドラマ「篤姫」またまた息子が死んじゃって。。斉彬様まで重病になってしまったよ。。お由羅さまの呪いだってもっぱらのうわさ。。その真相を確かめようと...... [Read More]

Tracked on April 13, 2008 at 10:11 PM

» 篤姫〜第15話・一方聞いて沙汰するな! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
篤姫(宮崎あおい)ですが、島津斉彬(高橋英樹)の嫡男・虎寿丸と相撲を取って遊びます。斉彬は西郷吉之助(小澤征悦)をお庭役に抜擢し、政治秘書官のように使うつもりです。とりあえず、篤姫将軍家お輿入れの道具一切を調達するよう命じますが、西郷は「そのようなことは、とてもとても無理でございもす」などと謙遜します。(篤姫、第15話・姫、出陣の感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on April 13, 2008 at 10:43 PM

» 篤姫 第15回「姫、出陣」! [バレルオーク]
<姫様は何をしでかすかわかりませぬゆえに!>「西郷!わしの前で二度と無理という言葉を使うな!」西郷さんを抜擢する、斎彬の人事力・・、やはり凄いですね!篤姫兄とお近さんもちょっといい感じでした。英姫の、篤姫のお経はこわいくらい効きそうな感じがしました。西...... [Read More]

Tracked on April 13, 2008 at 11:05 PM

» 篤姫 第15回「姫、出陣」 [みはいる・BのB]
最近は否定的な感想が多い私でございますが、今回はおもしろく鑑賞できました(^-^) 「姫、出陣」ですが、戦に出て戦うわけではなく、篤姫らしい、じつに平和的な 出陣(脅し?)でした。... [Read More]

Tracked on April 14, 2008 at 12:38 AM

» 料理好きだった徳川家定!! [函館 Glass Life]
いよいよ西郷吉之助が表舞台に登場しまた{/face_fight/} 庭方役と云うと軽い役職のようですが、藩主 斉彬といつも会い話せるのですから西郷にと ってはまたと無い役職なのです{/onigiri_1/} 薩摩の片田舎の、一下級武士が日本を近代国 家へと導いて行くのですから人の運命とは分 からないものです{/kuri_5/} 西郷を抜擢した斉彬の眼は正しかったのですね{/kuri_1/} 私利私欲の全く無い西郷だからこそ人が自然 と集まって来たのですが時代の変革について行 けない武士をも背負い、西... [Read More]

Tracked on April 14, 2008 at 10:08 AM

» 篤姫(4月13日) [今日感]
ちょっと遅れてのレビュー [Read More]

Tracked on April 16, 2008 at 07:52 AM

« 梅と犬 | Main | 『天璋院篤姫』 »