« 『天璋院篤姫』 | Main | 洗濯機 »

April 20, 2008

篤姫:第16回「波乱の花見」

今回も大活躍の篤姫サマ。
篤姫と家定の縁組に反対していた水戸公に見事に気に入られ、さらに斉彬殿と英姫の仲もとりもっちゃいました。水戸公懐柔作戦は水戸公編纂の新版大日本史をプレゼントしてくれた英姫や、大好物の桜餅を用意した幾島らの協力もあってのことですが。それにしても桜餅がお好きとは、水戸公のキャラ、けっこう好きです。

江戸編へ入っても続いている尚五郎の青春。殿様がいなくちゃやることがないとくさっていたら、お近さんに叱られてしまいました。で、やる気になったところで殿様から江戸へ呼び出されます。そしてお約束、桜島へ向かって叫ぶ!

原作に無い要素も多く、原作と違った部分も多く、原作を読んでもドラマはドラマで楽しめそうです。


|

« 『天璋院篤姫』 | Main | 洗濯機 »

Comments

原作では描かれていない小松帯刀にも重点を置いて描いているところもいいですよねぇ。

Posted by: ryi | April 20, 2008 at 09:12 PM

>ryiさま

尚五郎君、準主役級ですよね。

Posted by: ヒロ子 | April 20, 2008 at 09:21 PM

こんばんは!
水戸のご老公との議論は原作にはないのでしょうね?
あったら面白いですが・・・。
私も水戸のご老公好きですね。
あのキャラは得難いものがありますよ。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | April 20, 2008 at 09:39 PM

>ぱるぷんて海の家さま

こんばんはー☆

水戸のご老公と大日本史についてやりとりする場面は、
原作にもあるのですが、
ドラマではとてもとてもアレンジしてあります。
もちろん桜餅のエピソードはありません。

Posted by: ヒロ子 | April 20, 2008 at 09:52 PM

ご老公大活躍ですが、これで来週から毒がないご老公になるのはちょっと悲しい・・・

来週の篤姫、尚五郎の再会が楽しみです。

Posted by: 今日感 | April 20, 2008 at 11:28 PM

>今日感さま

そうですね、ご老公はあおいちゃんの笑顔で
すっかり毒を抜かれてしまいましたよね…

尚五郎、なんだかんだでけっこう姫と会っていません?

Posted by: ヒロ子 | April 21, 2008 at 07:42 AM

御世話になった[義経」の時は心配ばかりでしたが
今は純粋に楽しんでみています。

ヒロ子さん,原作お読みになられたのですね!いつも偉い!!今回,私は脚本が好きです。無理無く広げてくれていますよね,お話を。

3回目のトライです、今度はサファリで書き込みますね?
ア,成功です.という事はファイアフォックスはダメなんですね。

Posted by: patra | April 21, 2008 at 11:33 PM

>patraさま

おはようございます。

「篤姫」はのんびり楽しむにはいいドラマですよね。
大政奉還王政復古の激動の時代をドラマの篤姫がどのように生きるのか、
楽しみです^^

今回はコメントうまく書き込めていましたか。
サファリ?ファイアフォックス??
私の側はいつもと同じだったのですが…

Posted by: ヒロ子 | April 22, 2008 at 07:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/40941206

Listed below are links to weblogs that reference 篤姫:第16回「波乱の花見」:

» 「篤姫」第16回 [日々“是”精進!]
第十六回「波乱の花見」斉彬の体調はようやく回復し、篤姫の御台所の件が大詰めを迎えていた。家定は本寿院の強い勧めに対し、せんべいがうまく焼けたら聞いてもいいと言って話をそらし続ける。斉彬は、強硬に反対している斉昭を説得するため、花見を口実に斉昭を薩摩藩邸...... [Read More]

Tracked on April 20, 2008 at 09:08 PM

» 大河ドラマ 「篤姫」 波乱の花見 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
篤姫が大奥に入れるか。 そのためにはなんとしても水戸斉昭を説得しなければなりません。 その武器になるのはなんといっても将軍後継問題でしょうか。 一橋慶喜を第14代将軍に・・・。... [Read More]

Tracked on April 20, 2008 at 09:16 PM

» 大河ドラマ「篤姫」第16話「波乱の花見」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
斉彬さますっかり病気もよくなったようです。でも難題たっぷりの今回の御輿入れ。新しい火鉢でせんべいを焼いてご満悦の家定さま♪でもせんべいの分際で、自分にやけどさせたってお怒り(あはは)やっぱええですねぇ、このキャラ♪で、最大の難関は水戸の藩主は篤姫の輿入...... [Read More]

Tracked on April 20, 2008 at 09:20 PM

» ★お花見は大成功!!「篤姫16」 [・*:・ふわゆら生活・:*・]
今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみましたぁ〜斉彬さま復活ですね〜!!良かった。。良かった。。大河ドラマ「篤姫」篤ちゃんが御台所になるのはなかなか大変。。斉昭じっちゃんが断固拒否ですもんね〜。。会議の結果直接篤姫に会わせることに篤ち...... [Read More]

Tracked on April 20, 2008 at 09:27 PM

» 【篤姫レビュー】波乱の花見 [必然的なヒストリー]
篤姫VS斉昭がメインであった今回。この回で篤姫を際立たせるために斉昭を偏屈で傲慢で厄介なオッサン、というキャラ設定にしてあったのですかね。「武蔵」「功名が辻」とその他大勢扱いされていた江守さん。「篤姫」の斉昭役は“江守”キャラが立っていて大変よろしいかと思います。今回の斉昭を見て、やっぱり『海原雄山』役は江守さんが一番だと確信しました。(松平健では傲慢さが足りない)ここに至っては、もはや史実との検証云々と野暮な事は言いますまい。面白ければ何でもいいです。もう、ついでだから慶喜役は中尾彬に替えて、コン... [Read More]

Tracked on April 20, 2008 at 09:44 PM

» 篤姫第16回「波乱の花見」 [さくら色通信]
今日は「波乱の花見」ということで篤姫の将軍家へのお輿入れを大反対している水戸のご老公・斉昭を花見にご招待。「水戸のご老公」と言われるとどうしても印籠のおじいさんが頭によぎってしまいました。しかし、波乱…という風には見えないとっても単純なお花見でしたね。...... [Read More]

Tracked on April 20, 2008 at 10:06 PM

» 篤姫 第16回「波乱の花見」 [みはいる・BのB]
今回は いろいろあって、盛りだくさんで おもしろかったですねぇ{%うっとり(ぽわん)webry%} [Read More]

Tracked on April 20, 2008 at 10:11 PM

» 篤姫(4月20日) [今日感]
ちょっと遅れましたがレビューを。 最近、日曜日に外出することが多いので、やや遅れ気味{%注意!webry%} でも、「篤姫」が嫌いとか苦手ということではないのです。むしろ大好き! [Read More]

Tracked on April 20, 2008 at 11:24 PM

» 篤姫〜第16話・水戸の烈公! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
篤姫ですが、水戸の烈公・徳川斉昭(江守徹)が将軍家輿入れに反対しています。島津斉彬(高橋英樹)と老中・阿部正弘(草刈正雄)は、松平慶永や伊達宗城とも相談し、斉昭説得方法を考えます。 まずは、斉昭の第七男・一橋慶喜を次代の将軍にすることによってご機嫌を取ろうとしますが、斉彬は「見え透いたことをすると返ってヘソを曲げる」と斉昭を相当難物だと思っています。斉彬は、いっそ篤姫(宮崎あおい)を直接斉昭と会わせようとします。(篤姫、第16話・波乱の花見の感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on April 21, 2008 at 12:05 AM

» 篤姫 第16回 波乱の花見 [くまっこの部屋]
今回はなかなか進まない将軍家への輿入れで難色を示している水戸の斉昭に斉彬がじかに [Read More]

Tracked on April 21, 2008 at 01:02 AM

» 篤姫が愛読した大日本史!! [函館 Glass Life]
篤姫縁組前に立ちはだかっている斉昭{/cat_7/} 中々話が前に進みません。 いよいよ退路を断つ覚悟を決めた斉彬ですが、 列公斉昭に直接篤姫を会わせようと画策します。 篤姫に対しての信頼がなければ出来る事ではな いのです。 蘭癖の噂が立っていると注進する西郷ですが、 『効く薬が西洋の薬だとしても使わないのか』 と逆に斉彬に問い返される西郷{/cat_7/} 『死にかけの病人とは日本だ』とも言い切る斉彬 ですが、全くその通りなのです。 『太平の世を貪っていれば生き長らえると信じて いるのだ。それが... [Read More]

Tracked on April 21, 2008 at 10:12 AM

« 『天璋院篤姫』 | Main | 洗濯機 »