« 『日本の精神性と宗教』 | Main | 当たった »

May 25, 2008

篤姫:第21回「女の戦」

あっちもこっちも女の戦い。
今回は薩摩チームの敗色が濃いですが。

幾島と滝山のバトルは、本寿院様を中心とした”お篤。をプロデュース”会議で勃発。キレる幾島に冷静な滝山。結局篤姫には美しい衣装で、髪型は滝山案のおまた返しに決まりました。

篤姫とお志賀の対決は、お志賀の勝ちでしょう。
お志賀は御台所を前に、将軍様好き好き発言を平然と繰り返していましたから。天然なのか、肝っ玉が太いのか。
それ以前に、せっかく家定公のお渡りがあったというのに、たぶん手作りの張子のねずみをプレゼントしてくれたというのに、難しい顔で問い詰めてばかりいたら嫌われちゃいますよ。せめてねずみの話をしてあげればいいのに。なんだか家定公が気の毒になりました。

|

« 『日本の精神性と宗教』 | Main | 当たった »

Comments

ですね~。
あれじゃ家定公が気の毒です。
一緒になってはしゃいであげれば良いのに。

それにしても堺雅人は良い演技をしてますね。

Posted by: なおくん | May 25, 2008 at 09:31 PM

>なおくん・さま

やはり男性の目から見ても、気の毒に思いますか。
私の堺雅人さん贔屓ではないようですね。

「新撰組!」の山南さんにキュンとしましたが、
今は家定公にキュンキュンしています(笑)


Posted by: ヒロ子 | May 25, 2008 at 09:36 PM

そうですよ、直球勝負の篤姫は北風です。
もっと「太陽」にならないと!

Posted by: 今日感 | May 25, 2008 at 09:55 PM

>今日感さま

そうですね!北風と太陽ですね。
今後どのように家定さまの心をゲットするのか、楽しみです^^

Posted by: ヒロ子 | May 25, 2008 at 10:35 PM

どうしてこう直球勝負がすきなんですかねぇ、篤姫。

Posted by: ryi | May 26, 2008 at 07:51 AM

>ryiさま

もう大人なのですから、変化球も覚えていただきたいですねぇ。

Posted by: ヒロ子 | May 26, 2008 at 08:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/41316708

Listed below are links to weblogs that reference 篤姫:第21回「女の戦」:

» 「篤姫」第21回 [日々“是”精進!]
第二十一回「妻の戦」家定が愚か者のふりをしているのではないかと感じた篤姫は、本人に真相を問い詰めようとする。だが、家定は篤姫のもとを訪れない。幾島や滝山、家定の実母の本寿院らは篤姫の髪形や服装を変えることで家定の気を引こうと試行錯誤するが、一向に効果は...... [Read More]

Tracked on May 25, 2008 at 09:15 PM

» 篤姫 第21回「妻の戦」! [バレルオーク日記]
<大奥の徹底管理!>「可憐さ?」おすべらさき「とにかく減らしてくれ頼む」重そうでした。煙草をくわえる滝山があやしい、何かを知っていそうです。「わしには子はできぬぞ、子を持つ気はない」子孫繁栄の子ねずみをお持になった家定様は、本当に子を持つ気、世継ぎを作...... [Read More]

Tracked on May 25, 2008 at 09:15 PM

» 篤姫 2008/05/25 第21回「妻の戦」 [piyomarimoのよろよろ日乗]
あっつー、ファンデ変えた? まあそれはともかく。「戦」ってほどのこともなかったかと(毒)さて、今回のおさらいです。・オープニング……管理される篤姫・お茶を飲んでのんびり篤姫ときりきり舞い幾島・家定に助けてもらったときのポーズがセクスィー部長に似ていた件・...... [Read More]

Tracked on May 25, 2008 at 09:19 PM

» 篤姫 第21回「妻の戦」 [みはいる・BのB]
ホーム・コメディ風ドラマから、ラブ・ストーリーへ 変化の兆しが見えてきました。 前半は、どうやって公方様(家定:堺雅人)を、篤姫(宮崎あおい)の寝床に来て貰えるようにするか?... [Read More]

Tracked on May 25, 2008 at 09:24 PM

» ★切ない恋だよ〜「篤姫21」 [・*:・ふわゆら生活・:*・]
白さと香りのぉ〜〜♪今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみましたぁ〜大河ドラマ「篤姫」上さまったらなかなか篤姫のところに来てくれないからぁ〜〜〜「上さまお渡り計画実行委員会」の重役会議が始まったよ〜でも。。内容はないよ〜〜〜髪型変える...... [Read More]

Tracked on May 25, 2008 at 09:26 PM

» 大河ドラマ「篤姫」第21話「妻の戦」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
春は来たけど「困りましたなぁ」やっぱりアレ以来、篤姫の元には家定さまのお渡りがないらしい。でもまだうつけに拘るのか、篤姫。心を定めることが出来ないと、うつけのふりを見定めてやると息巻く篤姫ですが・・・。そのためにはまずお渡りしてもらわなきゃ意味がないん...... [Read More]

Tracked on May 25, 2008 at 09:28 PM

» 【篤姫】第二十一話 [見取り八段・実0段]
「ふり」「ふり」と仰せですが、何故「ふり」だとお思いになりますのか?目じゃ。あの日の家定の目が真実を語っている。篤姫には、そればかりが気になっていた。あの夜のお渡りから、ひと月。篤姫の元に家定は来なかった。本寿院、歌橋、滝山、そして幾島の四者会談。テー...... [Read More]

Tracked on May 25, 2008 at 09:39 PM

» 【篤姫レビュー】妻の戦 [必然的なヒストリー]
一橋派が動き出した今回。というよりも驚いたのは本寿院−滝山−幾島−歌橋ラインがいつの間にか出来上がっていたこと!!みんなで天井を見上げるシーンに元和偃武がかろうじて生きていることを確認しました。滝山は反対派閥を作っていたわけではないのですね〜。しかしながら歌橋はともかく、滝山がそこに混ざると物凄く浮いて見えます。溶け込んでいるようで、腹の底が見えない恐ろしさを感じます。篤姫を信長に仕えていた頃の羽柴秀吉と例えるならば、幾島→蜂須賀小六滝山→黒田如水(竹中半兵衛ではない)歌橋→堀尾吉晴(古参ながらも頭... [Read More]

Tracked on May 25, 2008 at 09:43 PM

» 篤姫〜第21話・妻の戦 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
篤姫ですが、将軍・徳川家定(堺雅人)のお渡りがなくなってしまいます。幾島(松坂慶子)は、本寿院(高畑淳子)たちと協議しますが、幾島と滝山(稲森いずみ)は相変わらず対立します。(以下に続きます)... [Read More]

Tracked on May 25, 2008 at 09:46 PM

» 篤姫(5月25日) [今日感]
別角度から先週末の再現。 先週もよかったのですが、今週もよござんした。篤姫での名場面のひとつになることは間違いないシーンですね。 [Read More]

Tracked on May 25, 2008 at 09:47 PM

» 篤姫 第21回 妻の戦 [くまっこの部屋]
1か月も家定のお渡りのない大奥では篤姫と幾島、お茶を飲みながらこれではどうしよう [Read More]

Tracked on May 26, 2008 at 02:26 AM

» 何故、大奥に嫌われていたのでしょうかね?? [函館 Glass Life]
先週の大河ドラマで池に落ちそうになった篤姫を間一髪助けた 家定の一言『危ないではないか』真顔でしたね{/cat_6/} やはり家定はうつけの振りをしていたのでしょうか?? このドラマではおそらくそう云う脚本なのでしょうね{/m_0070/} 何としてでも家定の本心を聞きたい篤姫ですが、中々チャンス が訪れません。 久し振りに訪ねてきた家定に対し『何故、うつけの振りをする のか』と問いかけますが、家定は全く相手にしてくれません{/kaeru_alone/} それどころか、子供はいらないと明言する始末... [Read More]

Tracked on May 26, 2008 at 07:34 AM

» 大河ドラマ 「篤姫」 妻の戦 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
完全管理下におかれる篤姫の日常。 最高権力者であることの悲しさというべきでしょうか。 [Read More]

Tracked on May 26, 2008 at 07:57 AM

« 『日本の精神性と宗教』 | Main | 当たった »