« 浅草寺特別公開『大絵馬寺宝展と庭園拝観』 | Main | 篤姫:第46回「慶喜救出」 »

November 09, 2008

篤姫:第45回「母からの文」

久しく観ていなかったような気がする大河ドラマ『篤姫』。
たまに観ると、やっぱり面白いかも~と思います。
暇になったらまた幕末の小説を読みたいと思いました。
当時、やはり徳川家ではいろいろな思惑が錯綜していたのでしょう。
現将軍の御台所がいない大奥に、徳川家を守ろうとする天璋院と静寛院がいる。そして彼女達を頂点とした大奥の女達がいる。滝山、重野、小の島のやりとりに、それはそれで”あり”かも~と思いました。

母の手紙?
篤姫様と母上は物理的な距離は離れていても心は通じ合っていると思っていたので、この描き方はビミョー。

なおごろーは・・・いいです。
もう、面白いからいいです。
どうぞ最後までめいっぱい絡んでくださいという感じでした。


↓浅草寺の特別展。
たしか伝法院は、今回の大河ドラマの中で篤姫と島津久光・なおごろーと対面した場所だったような…。
そして勝海舟の書を彫った物(何というのでしょうか?)もありました。
大河ドラマファンとしては、諸々感動の特別展でした。

↓東京出張が多かったので、今年はよく利用しました。

|

« 浅草寺特別公開『大絵馬寺宝展と庭園拝観』 | Main | 篤姫:第46回「慶喜救出」 »

Comments

お久しぶりです
尚チャン今日も大活躍でした。
本当の尚五郎ーさんもきっと
墓場で苦笑いしてることでしょうね。

物語も歴史中心になると
篤姫もタダの傍観者でしたね。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | November 09, 2008 at 09:48 PM

>ぱるぷんて海の家さま

ご無沙汰しておりました。

真実は結局は当事者しか知らない訳で。
まぁ、あと5回?面白ければいいかと思いました。
いつか篤姫と尚五郎の墓参りをしたいです*^^*

Posted by: ヒロ子 | November 09, 2008 at 09:53 PM

ホントこの時期は色々ありますよねぇ。
ちょっと見逃しただけでえらいことになります。

Posted by: ryi | November 09, 2008 at 10:37 PM

>ryiさま

史実に関する展開は早いですからね。
ちょっと見逃すと大事な事件が終っていますし・・・

Posted by: ヒロ子 | November 10, 2008 at 05:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/43062933

Listed below are links to weblogs that reference 篤姫:第45回「母からの文」:

» 「篤姫」第45回 [日々“是”精進!]
第四十五回「母からの文」将軍も御台所もいなくなった大奥では、天璋院だけが心の支えとなった。そのころ帯刀は、徳川家を倒そうとする西郷と大久保を必死に止めていた。だが2人は聞き入れず、岩倉と共に幕府を倒す計画を進める。やがて、朝廷から官位と領地を返上しろと...... [Read More]

Tracked on November 09, 2008 at 09:47 PM

» 大河ドラマ「篤姫」第44話「母からの文」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
大政奉還は成したけれど、西郷と大久保の望みは王政復古。帯刀は地官納地を慶喜に勧めて、戦にならないようにすること。あらら、すでに薩摩でも、二手に分かれてしまったようですね・・・一方大奥では、天璋院の言葉に安堵し、それを支えに厳しい冬を過ごしているよ...... [Read More]

Tracked on November 09, 2008 at 10:04 PM

» 【篤姫レビュー】母からの文 [必然的なヒストリー]
「篤姫」の展開よりも、「龍馬伝」で福山雅治さんが坂本龍馬を演じるという事実に興味が惹かれている今日この頃です。で、本題。大政奉還を宣言し一大名となった徳川慶喜ですが、石高では当然ながら徳川宗家が日本でトップ。それを良しとしない西郷・大久保らは慶喜とその仲間達を追い詰める強攻策に出ます。重野は天璋院に小松帯刀を通じて何らかの策を立てるように献言しますが、天璋院は小松の立場を考えて却下。しかし天璋院は薩摩の情勢を知りませんでした。というのも、小松の立場は薩摩では微妙なものになっていたのです。病気が理由で... [Read More]

Tracked on November 09, 2008 at 10:06 PM

» ★「篤姫#45」とことん大奥を守るのだぁ〜 [・*:・ふわゆら生活・:*・]
今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみましたぁ〜〜大河ドラマ「篤姫」戦になるやもしれぬ。。あれれ??尚ちゃん足。。どうしたの??捻挫かなんか??ウマイ具合に西郷どんと大久保どんにハミにされちゃいましたね〜〜。。二人はもう武力で幕府を倒すことのみ...... [Read More]

Tracked on November 09, 2008 at 10:07 PM

» 【篤姫】第四十五回 [見取り八段・実0段]
あの子はもう徳川の人間です。そして私は島津家の人間です。薩摩の女子には薩摩の女子の筋の通し方と言う物があるのです。戦を避けるために、そして危険から救うために帯刀は天璋院を薩摩へ帰らせる事を考え、母である、お幸に手紙を書くように頼んだ。だが、お幸は、それ...... [Read More]

Tracked on November 09, 2008 at 10:27 PM

» 大河ドラマ 「篤姫」 母からの文 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
大政奉還がなった後もさらに激震が走り続けています。 大奥では天璋院が戦う覚悟を決めましたが・・・。 [Read More]

Tracked on November 09, 2008 at 10:41 PM

» 篤姫第45回「母からの文」 [さくら色通信]
あれ?西郷どんて悪い人だったの?なんか西郷どんが出てくるの怪しい影…というか悪キャラに見えるんですが…。新しい国づくりに向けて岩倉&西郷&大久保三人組は倒幕に向けてどんどん新たな計画を進めていきますが、坂本龍馬が亡くなった今、キレイ事ばかり言ってる尚五...... [Read More]

Tracked on November 10, 2008 at 12:54 AM

» 篤姫「母からの文」 [ありがとう!、あてつけじゃないよ。]
篤姫「母からの文」 小松帯刀、足負傷。 なぜ、今、この時に。 西郷さん、大久保さんに一服盛られたのでしょうか?。 徳川と薩摩の戦を、何としても避けたい小松。 西郷「万が一、戦に負けた時、薩摩をまとめてもらわねばなりません...。」 裏を返せば、戦に勝てば用済みかぁー。 大久保「(小松様の足の怪我は)我らにとっては都合がようなった...。」 西郷、大久保、岩倉の三人は着々と帝じきじきの命令を盾に慶喜を追い込みます。 慶喜「徳川の領地は帝よりの預かりものにあらず、徳川が力でとったもの...。」 官位... [Read More]

Tracked on November 10, 2008 at 07:28 AM

» 倒幕へのプロローグ!! [函館 Glass Life]
いよいよ緊迫してきましたね{/hiyo_oro/} 薩摩藩家老・小松帯刀の意見に全く聞く耳を持たない 西郷と大久保。 倒幕に向け時代は動き始めるのです{/v/} 妖怪・岩倉具視の策謀により朝廷は辞官納地を命じま すが、流石の慶喜も『ハイそうですか』と従う事など 出来ません{/baikin_2/} が、事もあろうに慶喜は薩摩と長州を挑発{/cat_6/} その結果、幕府を支持する者が慶喜のいる大阪に続々 と集結するのです{/kuri_5/} 一触即発の事態ですね{/car2_tank/} 一連の流れ... [Read More]

Tracked on November 10, 2008 at 10:24 AM

« 浅草寺特別公開『大絵馬寺宝展と庭園拝観』 | Main | 篤姫:第46回「慶喜救出」 »