« 篤姫:第49回「明治前夜の再会」 | Main | 篤姫:最終回「一本の道」 »

December 13, 2008

レッドクリフ partⅠ

『レッドクリフ partⅠ』を観ました。

人間ドラマに泣けるという映画ではありませんが、実写とCGを駆使した迫力のある映像とアクションシーンにハラハラドキドキしっぱなしでした。三国志は一度読んだ気がしますが、ストーリーはほとんど憶えていません。でも、諸葛孔明、劉備、曹操、関羽、張飛などの有名すぎる登場人物の活躍を観ているうちに、小説やNHKの人形劇、ゲームを断片的に思い出しました。ちなみに「RED CLIFF=赤壁」で赤壁の戦いのこと、映画を観て初めて分かりました。主人公は、赤壁の戦いで活躍したトニー・レオン演じる周瑜。そして、金城武が演じる諸葛孔明。金城武ってこんな感じだったかしらというような印象で、かっこいい諸葛孔明でした。

歴史、アクション、恋愛、ゲーム、様々な要素の入ったエンターテイメント性の高い作品。
partⅡが楽しみです。

|

« 篤姫:第49回「明治前夜の再会」 | Main | 篤姫:最終回「一本の道」 »

Comments

 こんにちは。この映画見に行きたいと思ってるんですが、まだなんですよ。partⅡがあるのは分かっているので、その直前にDVD見てそれから連続してpartⅡでもいいかなぁと最近は思っています。

 諸葛孔明はやはり格好良くないと…。

Posted by: 悪七兵衛景清 | December 13, 2008 at 05:45 PM

>悪七兵衛景清さま

こんばんはー☆
この映画は映画館で観る価値がありますよ!
大河ファンとしてはドキドキワクワクものです♪
まぁ、Part1をDVDで観て2を映画館で観るという手もありですが^^


Posted by: ヒロ子 | December 13, 2008 at 10:30 PM

周瑜、自由すぎ!
というのが一番の感想です^^。

戦闘シーンは迫力ありましたね。
まるでゲーム「三国無双」が映画化されたようでした。
(プレイしたことはありませんが・・・)


Posted by: ぽうせ | December 17, 2008 at 02:13 PM

>ぽうせさま

はずかしながら、周瑜って誰?
という感じだったのですが
かっこよかったので、満足です(笑)

映画を観た直後は「三国無双」をやりたい!
と思ったのですが(家にあるので)
でもまだやっていません^^;

Posted by: ヒロ子 | December 18, 2008 at 07:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/43405501

Listed below are links to weblogs that reference レッドクリフ partⅠ:

» 劇場鑑賞「レッドクリフPartI」 [日々“是”精進!]
「レッドクリフPartI」を鑑賞してきましたゲームやコミックの題材にもなり、日本でも多くのファンがいる「三国志」から、有名な赤壁の戦いをモチーフに、「フェイス/オフ」「M:i-2」でハリウッドでも成功を収めたジョン・ウーが、故郷、中国に戻り、製作費100億円をか...... [Read More]

Tracked on December 14, 2008 at 09:37 PM

» 『レッドクリフ Part Ⅰ』('08初鑑賞140・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 11月1日(土) ファースト・デイで ¥1000  109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:20の回を鑑賞。 [Read More]

Tracked on December 15, 2008 at 05:57 PM

» 映画「レッドクリフ Part I」 [イーハトーヴの森]
三国志のなかでも最も有名なエピソードである赤壁の戦いを再現した本作。 武将や軍師 [Read More]

Tracked on December 17, 2008 at 02:17 PM

» 『レッドクリフ Part1』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 「三国志」を好きな人なら必ずハマる作品だと思えるが、主役となる人たちの名は「三国志」を知らない人でも聞き覚えのある名前があるだろう。 ジョン・ウー監督が巨額を投じ、長年温めて来ていつか撮り... [Read More]

Tracked on December 19, 2008 at 08:12 AM

« 篤姫:第49回「明治前夜の再会」 | Main | 篤姫:最終回「一本の道」 »