« キリン 明治のラガーと大正のラガー | Main | 『人生が楽しくなる気持ちのいい日本語』 »

December 26, 2008

『「あるがまま」を受け入れる技術』

最近将棋にハマっている知り合いの影響か、臨床心理士の河合隼雄さんと棋士の谷川浩司さんの対談集『「あるがまま」を受け入れる技術 なにもしないことが、プラスの力を生む』を買いました。PHP文庫の読みやすい、お手軽な人生の啓蒙書みたいな本ですが、お二人の独特の思想が伝わってきて、面白かったです。目次だけでも、例えば「生きるとは、何かと対局すること」なんてカッコイイですし、「勝負は、毎日の生活習慣の集大成」とは納得の一言です。将棋をキーワードに今の世の中を分析しているようなところもあり、さらりと読めて奥の深い一冊でした。



「あるがまま」を受け入れる技術

|

« キリン 明治のラガーと大正のラガー | Main | 『人生が楽しくなる気持ちのいい日本語』 »

Comments

おぉ~
河合隼雄さんの本何冊か読みました
面白そうですね!
機会があればお借りしたいです。(◎´∀`)ノ

Posted by: さくらララー | January 19, 2009 at 10:59 AM

>さくらララーさま

了解いたしました。
例の本棚に並べておきたいと思います^^

Posted by: ヒロ子 | January 19, 2009 at 07:31 PM

>ヒロ子様
おお、ここにレビューがありましたか!
絶対買いますよ、読みますよ。
最近「効率を数値で示す事」に縛られる事が
多々あるので、何だか酷く疲れるのでした。
何もしなくてもいいじゃんねえ。
何が悪いのよ(プンスカ!)

Posted by: カンガルー女 | March 22, 2009 at 06:19 PM

>カンガルー女さま

お疲れ様ですm(_ _)m
あまり本屋で見かけないかもしれません。
↑さくらララーさんが某店(Mさん)に返した後に
お持ちくださいませ~
我々の仕事は効率を数値で表せないのに・・・
矛盾ですよね・・・

Posted by: ヒロ子 | March 22, 2009 at 09:09 PM

ホントに矛盾だよね。
変な場面で、悪チングアウトしないように
ここでプンスカさせて頂きました。

某店からのリターンをお待ちしてます。

Posted by: カンガルー女 | March 22, 2009 at 10:14 PM

>カンガルー女さま

>変な場面で、悪チングアウトしないように
・・・たしかに、アブナイときがありますねsweat01
私はヘタレなので、
プンスカ以前にダウンしそうですが・・・

年度末年度始めの慌しい時期が過ぎたら
一緒に発散したいですね!

Posted by: ヒロ子 | March 23, 2009 at 07:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/43538131

Listed below are links to weblogs that reference 『「あるがまま」を受け入れる技術』:

« キリン 明治のラガーと大正のラガー | Main | 『人生が楽しくなる気持ちのいい日本語』 »