« ウクレレ | Main | 『「あるがまま」を受け入れる技術』 »

December 22, 2008

キリン 明治のラガーと大正のラガー

Photo
キリンビールさんから、明治のラガーと大正のラガーをいただきました。
さっそくシュパッとお味見♪
どちらもラガーらしく、苦味がきいています。
明治のラガーは苦味、酸味、甘みのバランスのとれた味わい。大正のラガーは原材料に米が使われているのですが、思っていたよりあっさりとした味わいでした。私はどちらかといえば、明治のラガーが好みです。
年末年始、和洋中華、どのお料理にも合いそうなビールでした。

|

« ウクレレ | Main | 『「あるがまま」を受け入れる技術』 »

Comments

 おはようございます。コメント有難うございました。

 ラガーって明治の以外は米が原料に使われていたんですね。普段ビールの原料なんか気にしてなかったので、初めて知りました。これが日本風テイストなのかなあぁと思ってちょっと調べてみたら、バドワイザーにも米が使われているようです(笑)。そう言えばこちらはビールの話題がよく取り上げられていますよね。私はもっぱらバド派で友達から「ビールの味がわかってない」とか怒られるんですが。

Posted by: 悪七兵衛景清 | December 23, 2008 at 09:31 AM

>悪七兵衛景清さま

一日遅れのおはようございます。
そして、メリークリスマスhappy01

バドワイザーにも米が使われているのですか!
知りませんでした。
バドワイザーは軽い口当たりで飲みやすいですよね。

Posted by: ヒロ子 | December 24, 2008 at 08:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/43496454

Listed below are links to weblogs that reference キリン 明治のラガーと大正のラガー:

« ウクレレ | Main | 『「あるがまま」を受け入れる技術』 »