« 天地人:第2回「泣き虫、与六」 | Main | 天地人:第3回「殿の初恋」 »

January 15, 2009

定義山で厄払い

今年も恒例で、Sファミリーと定義山西方寺へ厄払いに行きました。
西方寺は300年の歴史をもつ浄土宗のお寺です。平家の武将平貞能公が、主君平重盛公から託された阿弥陀如来の宝軸と共にこの土地に隠れたところから縁起しています。
定義山の魅力は、西方寺の御利益と門前町。門前町で有名なのは三角定義あぶらあげで今回も行列ができていましたが、回転は早いです。アツアツの揚げたてあぶらあげに醤油と七味をかけて食べると、なんとも香ばしくてたまりません。
みんなでワイワイお参りして、美味しい物を食べて、厄が落とせた感じがします。今年も一年頑張ろうっと。
Sファミリーのみなさん、いつもどうもありがとう♪
Photo
Photo_2


|

« 天地人:第2回「泣き虫、与六」 | Main | 天地人:第3回「殿の初恋」 »

Comments

 ご無沙汰してます。
 定義山西方寺のことははじめて知りました。平貞能って家貞の子なんですね。平家落人伝説は各地にありますが、奥州藤原氏の力を頼って行った…というのは確かにありそうな話です。

Posted by: 悪七兵衛景清 | February 06, 2009 at 10:13 PM

>悪七兵衛景清さま

こんばんは。
本当に?と思うフシはたくさんありますが、
でも身近に平家の落人伝説の土地があるのは嬉しいものです。

Posted by: ヒロ子 | February 07, 2009 at 08:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/43748658

Listed below are links to weblogs that reference 定義山で厄払い:

« 天地人:第2回「泣き虫、与六」 | Main | 天地人:第3回「殿の初恋」 »