« 定義山で厄払い | Main | ビストロ モン・ジャルダン »

January 18, 2009

天地人:第3回「殿の初恋」

先日、美容院で週刊誌を見ていたら、あちこちに直江兼続関連の記事が載っていました。高視聴率を取った『篤姫』に続く大河ドラマですし、美男子も多く登場しますから、話題性が高いのでしょう。大河ファンとしては喜ばしいことです。

さて、今回は大河ドラマお得意のコメディ編。陰気な殿にお仕えする兼続。殿をお助けしようと頑張りますが、いまいち殿のフォローになっていません。殿のためにラブレター大作戦に出ましたが、撃沈。さらには自分が殿の初恋の相手に惹かれていくようです。「殿の初恋」というより、「兼続、運命の出会い」という感じ。明るく、素直で、発想が豊か。この先もこのような天然キャラで描かれるのでしょうか。
お亡くなりになった武田信玄の時は、信玄が「陽」で勘助が「陰」でしたが、こちらの主従は反対なのだなぁと思ったのでした。

|

« 定義山で厄払い | Main | ビストロ モン・ジャルダン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/43781498

Listed below are links to weblogs that reference 天地人:第3回「殿の初恋」:

» 「天地人」第3回 [日々“是”精進!]
第三回「殿の初恋」1573年4月、上杉軍の軍議の場では熱い議論が交わされていた。兼続は景勝の考えとして、武田軍の様子が不穏であるから京に兵を進めるべきと主張。だが謙信のもう一人の養子である景虎は、混乱する越後国内を鎮めるべきだと訴える。謙信は、景虎の意...... [Read More]

Tracked on January 18, 2009 at 09:12 PM

» 大河ドラマ「天地人」第3話「殿の初恋」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
有名ではない!?しょっぱなからなんて自虐的なナレって、ごめん、爆笑しちゃったよ秀吉に是非家臣にと望まれた男。石田の朋。なぁんて言われても、確かにピンとは来ないよね。これから大河でどこまで見せてくれるか、楽しみにしましょう!!川中島にいた武田勢の報...... [Read More]

Tracked on January 18, 2009 at 09:17 PM

» 【天地人】第三回 [見取り八段・実0段]
上杉家では、越後内の争いを鎮めるために兵を出すことに決議され、その支度で沸き立っていた。兼続は、頼み込んだが景勝の初陣に連れて行ってもらえない。京にまで進撃するべきだと主張した兼続は、謙信から何故、京へ上るべきだと言ったのか尋ねられる。信玄は死んでいる...... [Read More]

Tracked on January 18, 2009 at 09:27 PM

» 天地人・第3話 [ブルー・カフェ]
天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る →天地人第3話です。ザ少年倶楽部プレミアムを見た後なので正直頭の切り替えが・・・でも頑張ります。えっと・・・ 【天地人】 天正元年(1573年)4月春日山城・・・先週に引き続き、川中島で老け込んだゲンゴローに遭遇した兼続は「これから初恋が待っているらしい」殿に「これは様子がおかしいです!?」と通報。 「武田の家中に何かあったようです!殿チャンスです!御屋形さまに進言を」 「・・・... [Read More]

Tracked on January 18, 2009 at 09:33 PM

» 大河ドラマ「天地人」第3回「殿の初恋」 [真田のよもやま話]
大丈夫かなあああ~~~。あ、いえあの、ちょっと心配になってしまいまして。だってほら、いつぞやの風林火山も、殿の恋でちょっと危うい感じになっちゃったじゃないですかあ。まだ3回目の序盤ですし、うまい事乗り切ってくれたらいいんですけどねえ~、殿の初恋ダンジョン~~~。{%バレンタインチョコhdeco%}... [Read More]

Tracked on January 18, 2009 at 09:33 PM

» 天地人第3回「殿の初恋」! [バレルオーク日記]
<泣き虫・与六の初恋?!>天の時地の利人の和「ご存知じゃ」景勝のはったりだった?宴の席で、謙信は兼続に武田勢のことを尋ねていました。「我が殿の考えにございます」「されど、殿には・・」兼続は今日だけで、景勝に3度切られても仕方がないところですが、お優しす...... [Read More]

Tracked on January 18, 2009 at 09:35 PM

» ★「天地人#3」これはしたり。。 [・*:・ふわゆら生活・:*・]
主だった家臣たちが集まる会議の席に兼続(妻夫木聡)がきっと座布団運びかお茶汲みだよね〜。。大河ドラマ「天地人」公式ページもうひとりの謙信の養子。。上杉景虎(玉山鉄二)。。容姿だけでなくすべてにおいて影勝(北村一輝)は勝てなくて。。そんな影勝をなんとか盛...... [Read More]

Tracked on January 18, 2009 at 09:48 PM

» 天地人 第3話 [SOLILOQUY]
天地人 第3話「殿の初恋」景虎さまぁぁぁーー!今回の私のレビューはこれに尽きてしまいます!本当に心からお待ち申し上げておりましたー!あ!何度もになってしまいますが、レビューとはほとんど名ばかりで、「炎の蜃気楼」に関係する登場人物や出来事を多く盛り込んで...... [Read More]

Tracked on January 19, 2009 at 01:38 AM

» 大河ドラマ「天地人」 [休羽捫虱帳]
第三話「殿の初恋」 うわあああ、来週から日曜アップができないなんてこれほど辛い事があろうか? [Read More]

Tracked on January 19, 2009 at 06:35 AM

» 大河ドラマ『天地人』第3回:殿の初恋…常盤貴子、相武紗季、吉瀬美智子登場!! [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ]
大河ドラマ『天地人』第3回:殿の初恋 【ユキジとマヤ登場】  ラオウを乗せる黒王(コクオウ)みたいな暴れ馬が街を暴走。  兼続(妻夫木聡)が暴れ馬から子供を守ろうとして躓いてしまい危機一髪・・・。  そこに颯爽と現れ、あっと言う間に暴れ馬を宥めてしまうお船(常盤貴子)。  「20世紀少年」のユキジと似たような性格か?  それにしても”常盤貴子”は年齢不祥の独特の雰囲気があるなぁ。  ”常盤貴子”の他に今回からは”相武紗季”と、「ブラッディマンデイ」のお色気テロリスト・折... [Read More]

Tracked on January 19, 2009 at 08:45 AM

» 天地人、人が欠けていた信長!! [函館 Glass Life]
相変わらず景勝は寡黙なのです{/kaeru_alone/} なかなか心の内を見せようとしません。 ただ一人兼続にだけは別なようですが… 『殿は女子の人気では景虎様には勝てませぬ』{/down/} 『全てにおいて景虎様の方が上で御座います』{/down/} 何と辛辣な、そこまで言うかと云う感じですね{/cat_7/} 普通の家来なら中々言える事では有りません。 主従とはいえ本当の兄弟以上の関係なのでしょうね{/kaeru_love/} その落ちが又うけました{/face_warai/} 『されど殿... [Read More]

Tracked on January 19, 2009 at 10:08 AM

» 天地人 第3回 「殿の初恋」 [青いblog]
あらすじ。 天正元年(1573年)4月、上杉軍の軍議で熱い議論がかわされていた。兼続(妻夫木聡)は、景勝(北村一輝)の考えとして、武田軍の様子が [Read More]

Tracked on January 19, 2009 at 07:59 PM

» 天地人 第3回「殿の初恋」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『天地人』のお時間です。(^-^) あらすじ・・・ [Read More]

Tracked on January 19, 2009 at 08:26 PM

» 天地人「殿の初恋」 [ありがとう!、あてつけじゃないよ。]
天地人「殿の初恋」 ちょっとコントっぽい感じの第三回。これからはこういう感じなのかな?。 1573年。 さすが主人公です。 初陣も未だなのに戦評定に参加して発言できるなんて…。 上杉は越中の一揆を治めるために出陣の準備を進めていました。 兼続「越中に止まらず、いっそ京を目指すべきにございます。武田に京を取られるのは口惜しゅうございます。」 ※激しく同意です。「義」などと言わず北国経由で京を目指せば良いのです。 景虎「越中攻めには大儀名分がございます。なれどさらに西に進む戦には義がございません。」... [Read More]

Tracked on January 20, 2009 at 07:20 AM

» 大河ドラマ「天地人」第3話・殿の初恋 [空想野郎の孤独語り]
あっはっは、なんか時代劇の月9見てるみたいだなあ。 妻夫木くんの兼継の爽やかさがとても戦国青年とは 思えん!! 前降りで「こんだけの人物と知り合いで、こんなに凄い人だった」 という直江兼継を知ってもらう為の解説が流れるんだけど、 逆にこういうのやっちゃうとかっこわるいよー。汗 しかし相変わらず北村の殿は良いです。大好きです、ふふふ。 奥手でナイーブ、しかし外見はおっさん。笑 来週からは視聴率取りキャラの長澤まさみ登場。 やっぱり「年上女房」一人じゃ女性要素が足らんということ... [Read More]

Tracked on January 20, 2009 at 12:43 PM

« 定義山で厄払い | Main | ビストロ モン・ジャルダン »