« 天地人:第4回「年上の女」 | Main | 天地人:第5回「信長は鬼か」 »

January 28, 2009

『死都日本』

石黒耀著『死都日本』を読みました。
霧島火山帯で噴火が起こり、日本が壊滅的な被害に襲われるという物語。地質と火山に関する描写が詳細でリアリティがあり、自分が生きている間に日本のどこかの火山が「破局的噴火」を起こしたら…とちょっと怖くなりました。地質や火山の話題に加えて、『古事記』や『聖書』も繰り返し登場し、理系的にも文系的にも面白いと思える小説です。読んでいて映像が頭に浮かびますし、登場人物が個性的で魅力的ですので、いずれ映画化もあるのではないでしょうか。平凡な一市民の私には想像を絶する物語ですが、でも一番想像が難しいのは、英断をもって日本の危機を乗り越えようと活躍する内閣総理大臣の存在かもしれません。


|

« 天地人:第4回「年上の女」 | Main | 天地人:第5回「信長は鬼か」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/43886361

Listed below are links to weblogs that reference 『死都日本』:

« 天地人:第4回「年上の女」 | Main | 天地人:第5回「信長は鬼か」 »