« 天地人:第19回「本能寺の変」 | Main | 天地人:第20回「秀吉の罠」 »

May 14, 2009

原作『天地人』

2009年NHK大河ドラマの原作『天地人』(火坂雅志著 NHK出版)を読みました。
感想としては、つまらなくはないけれど、面白くもない感じです。
歴史小説と言うと、山岡荘八氏や司馬遼太郎氏の作品のように、武将の生き様に感動したり、男達を陰で支える女性に涙したり、読んでいて血湧き肉踊る小説だと思っていたのですが、『天地人』は少々違います。感動の山場がありません。泣けません。例えるならば『その時歴史が動いた』に代表される歴史番組みたいで、ドラマの間に解説が入り、お勉強にはなるけれど、物語を楽しむものではない感じです。でも、こういうスタイルもありなのだろうと思いました。


|

« 天地人:第19回「本能寺の変」 | Main | 天地人:第20回「秀吉の罠」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/45013392

Listed below are links to weblogs that reference 原作『天地人』:

« 天地人:第19回「本能寺の変」 | Main | 天地人:第20回「秀吉の罠」 »