« 天地人:第31回「愛の花戦」 | Main | 天地人:第33回「五人の兼続」 »

August 15, 2009

霞ヶ城跡と智恵子の生家

お盆中、父方の実家のある二本松へ夫婦で訪れました。
夫は二回目、私も久しぶりの二本松。伯父にあちらこちら観光案内していただきました。

最初に鰻をご馳走になったのですが、これは後ほど。

Photo
まずは、高村智恵子の生家へ連れて行ってもらいました。
昔来た時には智恵子の実家を外側から眺めただけだったように記憶しているのですが、現在は、一階部分のみですが智恵子の生家を見学でき、智恵子の作品などを収蔵した智恵子記念館なるものもできていました。智恵子記念館は新しい建物で、数少ない智恵子の油絵、書簡、そして紙絵などが展示してありました。本では見たことがあるものの、実際の智恵子の作品に触れて、胸が苦しくなるほどドキドキしました。『智恵子抄』ファン必見です。

次に二本松城(霞ヶ城)跡へ行きました。
二本松城の起源は室町時代に畠山氏が築城したところから始まるようですが、その後城主が伊達氏など次々と変わり、最終的には丹羽氏の居城となったのだそうです。天守閣などは壊されてありませんが、修復された本丸石垣や復元された箕輪門などを見ることができます。本丸への上り口には、5代藩主・丹羽高寛公が藩士の戒めとするために、儒学者・岩井田昨非に命じて記した戒石銘碑があります。

 爾俸爾禄
 民膏民脂
 下民易虐
 上天難欺

「なんじの俸 なんじの禄は
 民の膏 民の脂なり
 下民は虐げ易きも
 上天は欺き難し」

ぜひ国会議員の先生方に味わっていただきたいもの…いやいや…

その後、お城山山頂の本丸跡まで上がると雲の切れ間からわずかに安達太良山を眺めることができました。陽射し暑く、蝉の声の響く中、時代は違えども智恵子の愛した空はさぞ美しい空だったことだろうと想像できました。

日帰りだったのでこれで観光はおしまいでしたが、今度は菊人形や提灯祭の季節に来たいね、鬼婆伝説のある安達ヶ原へも行きたいねと話したのでした。

伯父様、伯母様、どうもありがとうございました。


二本松市HP 
http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/index-1.html


Photo_2Photo_3Photo_4



|

« 天地人:第31回「愛の花戦」 | Main | 天地人:第33回「五人の兼続」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/45936115

Listed below are links to weblogs that reference 霞ヶ城跡と智恵子の生家:

« 天地人:第31回「愛の花戦」 | Main | 天地人:第33回「五人の兼続」 »