義経

December 11, 2005

義経:最終回「新しき国へ」

延長15分はいりませんでした、『義経』最終回。8時45分までは、良かったのです。郎党達の最期も、しっかり泣けたのです。持仏堂から光の柱が上がるというのも、これまでの演出の流れを考えれば、納得できます。ですが…。残り15分のために、結局主役が誰か分からない大河ドラマのままで終った気がしました。

と言うことで、8時45分までの感想。

藤原三兄弟、それぞれいい味を出しています。頼朝と弟達に責められて、精神的に追い詰められた泰衡。目を剥いたり、目を泳がせたり、目は口ほどに物を言うとはまさにこのこと。
個人的には、一茂がちゃんと武士っぽくて感動しました。平泉を去る決意を告げに来た国衡殿。察しの悪い九郎殿は、「亡き秀衡様のご遺言通り、将として平泉を脅かす敵と戦いまする」などと、とんちんかんな返事をします。これではいけないと国衡殿、「九郎殿、敵は鎌倉だけとは限らぬ」、やっと気づいた九郎殿。最終回まで、おとぼけキャラでした。

佐藤兄弟を除く義経主従全員が最終回で最期を遂げるとはもったいないと思っていたのですが、最終回に一緒に死ぬことに意味があったのだと分かりました。うつぼが訪れての宴の席でも、泰衡との戦いを決意する場面でも、何度も主従の絆の強さが語られます。「三度生まれ変わっても我らは主従ぞ、その時こそ新しき国にて生きるのじゃ。」共に生き、共に死ぬ。肉親の愛情に縁の薄かった義経にとって、郎党達は、肉親以上に深い絆で結ばれた家族だったのだろうと思いました。

そして最後の戦い。見せ場の時間は少ないものの、一人ひとり、かっこよく最期を遂げ、泣けました。「第一の家来の座は弁慶に譲りたい」、弁慶に呟く喜三太。出会いの頃を思い出し、ぐっときます。三郎、次郎の最期も豪快でした。蟹は微妙でしたけれど。

なぜか一瞬、追っ手をまいて、持仏堂に辿り着く義経と弁慶。最後の仕事として、弁慶は防ぎ矢を仰せつかります。「必ず生まれ変わり、再びお目にかかりまする」と義経に別れを告げ、お堂の前に仁王立ちする弁慶。ぐっときます。射かかる矢。矢がバスバスと刺さったのは人形のようでしたが、気にせず弁慶の表情に注目します。

お堂の中では、義経が幻の屏風に向かい清盛公に語りかけます。「清盛様も夢半ばでございましたなれど、新しき国、夢の都は我が胸にしかとございますぞ」。屏風の向こうに広がる福原の海。そよっと風が吹き、九郎殿が自害された瞬間、光の柱が持仏堂の屋根を貫き、天へ上ったのでした。矢を防ぎながら、見届けた弁慶のアップ。そして、天翔る白い馬。

みなさま、一年間、お疲れ様でした。

| | Comments (8) | TrackBack (14)

December 06, 2005

歌舞伎「船辨慶」

先週末、研修のため東京へ行っていました。
もちろん「義経」第48回~奥州平泉編~はチェックしましたが、日曜の夜を過ぎると気力(記憶?)が薄れてしまい…。

さて東京の話。
研修も受けましたが、裏メインは歌舞伎座での「船辨慶」の観賞でした。「義経」第44回と、それにまつわる「源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために>」の一連の記事で気分が盛り上がり、この機会にぜひ見ようと思っていたのです。

杵勝三伝の内 船辨慶

静御前・平知盛の霊 玉三郎
武蔵坊弁慶 弥十郎
源義経 薪 車
船頭 勘三郎

能・狂言から題や内容をとり、歌舞伎舞踊化した作品を松羽目物と言うのだそうですが、「船辨慶」も松羽目物の一つ。存在感のある老松の描かれた羽目板は、まさに能舞台のイメージ。羽目板の前にお囃子の人がずらりと並び、迫力があります。

前半、都落ちする義経一行ですが、女性を連れて行く訳にはいかないから静を都へ帰しましょうと、弁慶が義経に進言します。義経も同意し、義経の口からそのことを聞いた静は、別れの舞いを優美に舞います。静が退場していく時に、太鼓の音がドロドロと響くのですが、知盛の亡霊と二役だという先入観のあるせいか、いかにも亡霊になるぞぉ~っと、聞こえます。

西海に船出する義経一行。船の形をした白い板を舞台に置き、そこを跨げばもう一行は船上の人。周囲は海。そのシンプルさに感心します。このあたりは中間部とでも言うのでしょうか、ほとんど船頭一人が動き、お囃子と船頭により船も物語も軽快に進みます。

と、向こうから近づいてくる黒雲。平家の亡霊が現れ(と船頭が解説している)、どんどん速くなるお囃子。ぐっと舞台に引き寄せられた瞬間、知盛の亡霊が現れます。金色の(波かな?)刺繍のある白地の着物に、金色の角を生やした亡霊。襲いかかる亡霊に、義経は少しも慌てることなく切りつけます。さらに弁慶が調伏。激しく舞う知盛の亡霊に、こちらの目は釘付け。激しいお囃子と舞いに気分が一気に盛り上がり、舞台は最高潮。亡霊が去り、義経、弁慶達が見得を切って、幕。感激で「うぉぉっ」と(小声で)叫びつつ、拍手をしたのでした。

「船辨慶」の前後の「恋女房染分手綱」「松浦の太鼓」も面白く、歌舞伎にハマっちゃいそうな気分です。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

November 27, 2005

義経:第47回 「安宅の関」

前回の静ちゃんに続き、今回は武蔵坊弁慶殿に魅せられました。

そもそも、マツケン殿、山伏姿が似合いすぎです。
将軍様より、凛々しく、逞しいですぅ。きゃっ☆

自分で描いた仏像の巻物を眺めながら、義経との出会いを語る弁慶。勧進帳への伏線だと分かりつつ、一途な弁慶の思いに、この時点から少しウルッときます。

一夜の宿を借りた家の妻女が巴殿というのは、出来すぎた話ではありますが、巴殿@小池栄子ファンの私なので、歓迎しましょう。「諦めぬことじゃ。さすれば道はありましょう」と振り返るもよ殿(巴殿)、いいお顔でした。

さて、安宅の関。富樫殿は酔っ払いのクセに、勘が鋭いらしい。この一行は、九郎判官の一行だろうと疑います。
「二三日留まれよ」「東大寺再建の勧進をしているので先を急ぎます」「勧進帳を見たい」「見せられませぬ」「では聴聞させよ」緊張感のある弁慶と富樫殿のやりとり。メモも忘れて、画面に見入ります。

そして「造東大寺大勧進」を朗々と読み上げる弁慶。

しかしまだ、富樫殿は諦めてはいませんでした。義経の胸に差した笛を目敏く見つけ、山伏ならば法螺貝を持つはず、なぜ笛なのかと問い詰めます。弁慶、難しい顔になり「また盗み癖がでたな!」義経を地面に倒し、金剛杖で何度も打つのでした(音楽)。弁慶の心中を察してか、義経への同情か、その様子に目を潤ませる富樫殿。ついに義経一行が関を通ることを許すのでした。

その後、機転を利かせたとは言え何度も義経を打ったことを詫び、「武蔵坊、殿のおんためのみを考えて生きてきました」と号泣する弁慶。豪快に泣く姿も、様になっています。

残すは2回。って、あと2回で終るの?最終回、どうなるの??

| | Comments (10) | TrackBack (10)

November 20, 2005

義経:46回「しずやしず」

「見事じゃ」、まさにその一言に尽きます、今宵の『義経』。
平家滅亡以来の、きちんと見ることのできた回でした。

最初に磯禅師が登場し、後半の静の物語へ繋がる複線を張ります。個人的には、まだ「新しき国」うんぬん言っている義経くんに、磯禅師からガツンと「夢のようなことを言っていないで現実を見ろ」と言って欲しかったですけど。

屏風を平泉へ送ったというエピソードはいらないと思いますが、とりあえず気にしないことに。

最初の見せ場。佐藤弟が静を助けるべく、偽りの輿に向かい捨て身で斬り込みます。それなりにかっこよかったのですが、あっさり斬られてしまい、残念。義経主従との別れの場面では、佐藤兄と同じく全員に声をかけるのかと、一瞬ひやりとしました。

いよいよ静の登場。義経との出会いの頃は、石原さとみの静は今ひとつだと思っていたのですが、ここ数回の静は素晴らしい♪今回は、頼朝@中井貴一、政子@財前直見に負けない迫力がありました。
頼朝と対面し、「どうして弟である義経様を討たねばならないのですか」と問えば、頼朝は苦悶の表情で「弟ゆえじゃ」と答えます。横でしっかり観察している政子、静が義経の子を身籠っていることを察知し、頼朝に伝えます。子どもが「男子ならば…」殺せ、と政子に命じる頼朝。母親である政子の表情には、若干の戸惑いがあったように感じました。

無事出産したものの、生まれた子が殺されたと察した静、政子に掴みかかります。「お子はどこに」「ここにはおらぬ」。視線を合わせず、無表情に答える政子。「義経さまのお子を亡きものにされたな」、号泣して突っ伏す静。どちらも劣らぬ、迫力のある女の対決でした。

そして、鶴岡八幡宮の祝いの席で、静は舞を披露することになります。
義経との出会い当初の妙な舞では困るなぁ、と思っていたのですが、石原さとみの演技力と、金色の日差しに落ち葉舞う舞台設定とが、とても美しかったです。舞を舞う静と、追っ手の兵と戦う義経の上に降りかかる紅葉(今回は、金粉ではないのです)、これも美しいから”あり”でしょう。

舞い終えた静に対して、「見事じゃ」と言葉をかける政子。同じ女として、共感するものがあったのでしょう。「思いのほか見上げた女子でありました」とは、政子の心からの賛辞だと思いました。次の「この際、褒美をとらせて都に戻すがよいと存じますが。赤子の命と引き換えにして。」これも、政子の本心として、素直に受け取れました。同性の政子も惚れるくらいの見事さに、頼朝が心を動かされない訳は無く、早々に京へ帰してしまおう、という思いと、子どもを亡くした辛さへの同情とがよく出ていると思います。

う~ん、石原さとみ、財前直見、中井貴一、見事です。

次回は、いよいよ勧進帳。どうなるのでしょうか。そして、巴ちゃんも登場するようで、楽しみです。


| | Comments (5) | TrackBack (10)

October 30, 2005

義経:43回「堀川夜討」

何かとあって、落ち着いて見られなかった今回。
都のみなさんも、鎌倉の不穏な動きに、落ち着いていられない様子です。が、郎党も叔父上もパタパタしている中、義経くんは静ちゃんを相手に、相変わらず夢みたいな新しき国の話をしています。郎党軍団は、きっと、夢の国を信じている、というより、そんな夢みたいなことを語っているあなたが心配で、離れられないのですよ、と教えてあげたい。

静ちゃんも萌ちゃんも、「義経さまに狼藉を働く者は許しません」と凛々しいお姿。まぁ、あっという間でしたけれど。
甲冑姿で登場した、やるき満々の叔父上。情けない義経くんに「もののふとして笑いものになりますぞ、くわっ」と威嚇して帰りました。

頼朝追討の院宣は、さすがの法皇さまも想定外だったようで、びっくりした表情です。すぐに院宣を出してしまったものの、後に、頼朝軍10万と聞き、「思案じゃ、ここは慌てず思案じゃ。」って、もう、九郎殿は捨てるつもりでいるでしょう、あなた。でも、ここまでくると、この人達、憎めませんね。

さて、頼朝追討の院宣を貰ったものの、鎌倉殿と私のそれぞれの新しき国をかけた戦なのだとか、都で戦をすれば多くの人を巻き込むだとか、本腰を入れて戦をする気になれない義経くん。結局、都を去ることに心を決められたのでした。

それにしても、鎌倉殿、「もはやこれまで。九郎を討つ」って、言い訳の余地なく、じわじわと追い詰めてきたのは、あなた達でしょう。何を今更。

さて来週は、三輪さま、亡霊になった知盛殿が登場するらしい。楽しみだけど、このペースで進むと、最後の平泉の場面って、どのくらい時間をかけてもらえるのか、心配になってきます…。

| | Comments (4) | TrackBack (5)

October 23, 2005

義経:42回 「鎌倉の陰謀」

今宵も様々な人の思惑が入り乱れ、こわかったですねぇ。
笑いどころもなかったですし(喜三太の再度の失恋が笑いどころ?)、救われません。

見所は、おどろおどろしさナンバー1の座に、法皇軍団を蹴落として、政子さまが座ったところでしょうか。淡々と父親や夫と話をしている、と思っていたら、夫には、弟を「生かしておいてはなりますまい」なんて言っているし、刺客を派遣しちゃっているみたいだし(土佐坊、北条父かと見間違えました…)。
「手の届かぬ痒いところを、政子がこの手で、掻いて差し上げますゆえ。」
ひゃぁ~、こわい、こわい。

しょうがないから、義経くんは、静ちゃん、萌ちゃん、うつぼちゃん、郎党軍団を連れて、伊予に引っ込んじゃえばいいのに…。都でグズグズしているから、疫病神のおじ殿が寄ってきちゃったじゃないですか。

弟が一途だと分かっているのならば、鎌倉に入れず、対面もせず、宗盛を斬らせ、所領を没収し、どうしてそこまで追い詰めるのか、鎌倉殿の心中、理解できません。会って、一言、「情は、いけない」と言ってやればいいだけなのに。結局、「情」という弱点を、政子に突かれているのですよね。あ~ぁ。

予告編では、とうとう兄を「頼朝」と呼び捨てにする義経くん。

昨年の「新撰組!」も今頃の時期からずーっと泣きっぱなしで辛かったけれど、平家が滅亡したこの先の「義経」、泣くでもなく、笑うでもなく、救いのないまま進むのでは、キツイです…。

| | Comments (6) | TrackBack (7)

October 09, 2005

義経:第40回 「血の涙」

生活力のある義経郎党。カゴを編んだり、海産物を採ってきたり、仏像を彫ったり、武士を廃業しても、十分生きていけます。あぁ、じめじめしているリーダーが心配で、離れられないのか…。

大江広元は、義経の書状について、なぜ最初に政子に相談したのでしょう。あまり記憶に無いのですが、何か政子に気を遣う理由があったでしょうか。でも、結局、頼朝に書状を渡し、悩んだ末に、頼朝は読んじゃうのですよね。もし、こっそり大江広元から書状を渡されていたとしたら、頼朝は情に流されたでしょうか。いや、きっと大江広元の手に渡っている時点で、情ではなく理をとるでしょうね。「読まねばよかった。」血の涙を流したのは、頼朝なのですね。もし、義経が直接頼朝に密書を送っていたら、いや、直接会いに行っていたら、そんなことを考えていました。

そして、察しの悪い人がもう一人。
「我らは何のために鎌倉に参ったのであろうか。」鎌倉に来る前に、鎌倉に呼ばれた理由を、義経君も宗盛君も考えるべきでしたね。

次回は「兄弟絶縁」。とは言え、重衡・輔子夫婦の場面が見所でしょう、きっと泣きます。

| | Comments (4) | TrackBack (6)

October 02, 2005

義経:39回 「涙の腰越状」

納得のいかない回でした。

平家が壇ノ浦で滅んだ今、ネタがないようで、義経主従コントに加えて、再び長い回想シーン。何も牛若が赤ちゃんの頃から回想しなくても(赤ちゃんなんだから、あんなに鮮明な記憶は残っていないでしょう)、頼朝との対面シーンからで十分じゃないですか。清盛との竹とんぼのエピソードとか、神木君からタッキーになる場面とか、もういいですから。

そして、情の人義経が大姫に対してだけは、非情だったこと。ありえません。今までの義経だったら、大姫が心の病で、「九郎のおじうえに会いたい」と言ったと聞いたら、後先考えずに会いに行くでしょう。それが義経のキャラであり、良くも悪くも魅力だったはず。建礼門院に会いに行き、安徳帝のことを自分の胸にしまった義経、道理より情を大切にする義経の判断とは思えません。
さらに、少しは非情になったのかと思えば、「情を捨てろ」とアドバイスした弁慶と喧嘩しているし。義経の性格に整合性がありません。

泣いている弁慶にちょっと萌、とか、宗盛、命乞いしているよ、とか、つっこみどころはありましたが、あまりにショックで今回はこれまで。

| | Comments (6) | TrackBack (6)

September 18, 2005

義経:37回 「平家最後の秘密」

「決戦・ 壇ノ浦」以来、何度か流れた、能子に白い布を被せられる安徳帝。安徳帝を演じる市川男寅君の目、真っ直ぐで、凛々しくて、何度見ても、いいなぁ、と思います。演技力か、血筋か、将来が楽しみです。

今回の一番のサプライズは、うつぼちゃんが嫁にいった、ということでしょう。喜三太じゃないけれど、目が点になってしまいました。うつぼちゃんは、最初から脈絡無く登場しているのですから、今回も、嫁に行く回想シーンみたいなのを、サービスで入れてもよかったのではと、ちょっと思いました。

それにしても、九郎殿、本当に何も分かっていません。「私が戦ったのは、栄達のためではない」「軍しかできない者は他にもいる」って、それは分かるけれど、頼朝の弟だとか、軍の大将だとか、自分の立場をもう少し考えて行動して欲しかったのよね、頼朝君は。今回の総選挙ではないですが、組織の中の一員としての自分の立場をわきまえることが、大人の世界では大切なのでしょうね。
とは言え、九郎殿は軍しかできない子なのですから、誰か、神器は返すなとか、法皇の口車に乗るなとか、教えてあげればよかったのに。

さらに九郎殿、鎌倉殿に疑われている微妙な立場なのに、建礼門院に会いに行きます。恐れ多くも、建礼門院に自分の愚痴を聞いてもらい、替え玉作戦の真実を確認した上で、安徳帝が生きていることを黙認することにします。そこが九郎殿のいいところなのだけれど…

さて、最後のお勉強コーナー、墨で塗りつぶされた巻物を洗うと、健礼門院の肖像画が出てきたって、すごいですね。あの黒い巻物、見てみたいと思いました。

| | Comments (4) | TrackBack (8)

September 11, 2005

義経:36回「源平無常」

選挙で時間が変更されることを予測していたような総集編スタイル、なんというタイミングでしょう。

あら、義経陣営に景時殿がいます。能子に会われますか、などと普通に会話をしているし、ちょっとびっくり。

海から引き上げられて、囚われの身となった宗盛殿。「此度の大将は知盛じゃ」は、どういう意味なのでしょう。最初、知盛を立てたのか、偉いなぁと思ったのですが、責任逃れをしようとした、ともとれますよね。

女性の方々の義経くんに対する視線は、キツかったです。徳子殿の「憎しみでもありましたか」、痛いです。おっと出ました、義経くんの勘!守貞親王は安徳帝じゃないか、と疑っています。

義経くんが朝の浜辺を歩いていると、ぼんやり辺りを眺めている能子ちゃん。辺りに人影は無し。兄の「一緒に暮らそう」の誘いに、「私は、兄上の妹なれど、清盛公の娘」ときっぱりお断りした能子ちゃん、偉いです。でも、ほとんど初対面の、敵の大将の兄と、時々疑惑の目で見られたとは言え苦楽を共にした平家の女性達、どちらと行動を共にしたいかと聞かれたら、やはり平家方についていくのは分かる気がします。

あぁ、それにしても、『義経』では源氏が圧勝、選挙では自民が圧勝の予想。勢いというか、強いものに巻かれるというか、人心とは分からないもの、世の中とは無常なものですね。

| | Comments (4) | TrackBack (9)

より以前の記事一覧