風林火山

December 16, 2007

風林火山:第50回(最終回)「決戦川中島」

大河ドラマ「風林火山」らしい疾風怒濤の最終回でした。
感動とは違う気もしますが、笑えて泣けました。
最終回らしくツッコミ所満載。少々長くなりますが流れを追いながら振り返りたいと思います。

まずはオープニングのおさらいで軽くうるっときます。信繁、諸角の死を無駄にしないためにも、別動隊が到着するまでもう少し時間を稼がなければいけない…勘助も敵の本陣へ討って出ることを申し出ます。覚悟を決めた勘助の背中を見送るオヤカタサマ。これが最後の別れとなります。

お琴姫と三条夫人の和みのシーンが入った後、来ました、ガックン政虎。そろそろ退き陣を考えてくださいという宇佐美の意見を左へ受け流し、「悪しき夢に捕らわれた土地を我が手で解き放つのじゃ!」みたいな番組が違うような言葉を吐いて、白い馬で駆け出してしまいました。「オヤカタサマ・・・」呆然とする宇佐美。白い馬でガックン政虎が駆けるシーンはかっこいいですし、絵になりますが、笑えます。

ようやく妻女山から降りてきた真田、馬場らの別動隊は村上軍とぶつかります。このシーンが唯一ツッコミ無し笑い無しで真剣に見ることのできた合戦場面だったかもしれません。

押し寄せてくる上杉本軍へ突撃する勘助の隊。自分が敵の本陣を突くとやって来た義信を追い返し、板垣、甘利の最期を回想し、いよいよ討って出るかと思いきや、出ました由布姫!しかし勘助はこの戦いで討死する気持ちでいっぱいなのです。姫しゃまの制止も振り切り、宇佐美の「このままでは共倒れになるから兵を引け」という言葉も笑い飛ばします。「一国を亡ぼしてまで何のために戦うのか」問いかける宇佐美と勘助の間を、白馬に跨り駆け抜けて行ったのは政虎サマでした。あぁ哀しい宇佐美さん。
一直線に信玄めがけて馬を飛ばす政虎サマ、迎える信玄も周囲に兵を付けずどーんと構えています。そして一騎打ちの名場面!笑えました・・・。

一騎打ちの場面には間に合わなかったようですが、白馬の政虎サマを追いかける勘助。先ほどの宇佐美の「何のために戦うのか」という問いに、「我が思う人のためじゃ」とヒトリゴトで答えて敵へ討って出ますが、矢を受けて落馬します。矢が刺さったまま、槍を振り回す勘助。これはかっこいい。そしてついに鉄砲で撃たれます。倒れる勘助。

「見える 我が孫子の旗 見える 我がオヤカタサマ 我が里の旗」
ここでようやく泣けました。

が、ただ泣かせてはくれない「風林火山」。何故か周囲に人のいない状況で、倒れた勘助に近づいてくるへーぞー。へーぞーならばと思ったのでしょう、「わしの首を討て」と運命の摩利支天を差し出す勘助ですが、さすがへーぞー、ここで自分も矢に射られてしまいます。そして、ついに勘助は他の人に討たれてしまったのでした。

ここで終わりで良かったのですが・・・。

タキチが勘助の首を取り戻して、勝ち鬨をあげ、ようやく引き上げる武田軍。

帰りを待つヒサと子供達の許へ帰ろうとするへーぞーをおふくおばばが見つけて、感動の終幕となるのでした・・・。

お蔭様で、最終回まで無事観ることができました。
不平不満を述べながらも、楽しく大河ドラマを観賞できた一年でした。
読んでくださった皆様、コメント、TBをくださった皆様、本当にありがとうございました。



Fuurinkazan

| | Comments (18) | TrackBack (14)

December 09, 2007

風林火山:第49回 「死闘川中島」

大河ドラマはこうでなくてはいけません。

霧を利用して上杉を討つ作戦を立てた武田の軍師・勘助でしたが、上杉の軍師・宇佐美はそのことを読んでいました。そのせいか武田陣中では最終決戦のような悲壮感が漂っているのに対して、宇佐美をはじめとする上杉陣中はどことなく余裕があります。何せ大将は琵琶を弾いていますから。

そしてここからは信繁が主役です。
決戦を前に酒を酌み交わす信玄、信繁兄弟。決死の覚悟の信繁に、信玄は母の衣に法華経陀羅尼を書いた幌を渡します。結末が分かっていますから、信繁のうるうるとした目にこちらもうるうる。

物見が戻らないことから動きが読まれているかもしれないと察しつつも、妻女山山頂の上杉本陣を目指して進むしかない一万二千の別働隊。しかしその頃、上杉勢は粛々と霧の中を川中島へ向かっていたのでした。

川中島へ布陣した勘助、信玄のいる武田本軍。広い草原を霧が流れ、視界が開けるとそこには上杉軍が待ち構えていたのです。武田は鶴翼、上杉は車懸かりで激突しますが、動揺した武田軍は陣形が乱れます。別働隊が到着するまで持ちこたえなければいけない武田本軍。信繁は自分の隊が上杉本陣へ討って入ることを申し出ます。陣を出た信繁は「この命を奪われることは口惜しくないが、この幌を奪われるのは何とも口惜しい」と、母の衣で作った幌を息子へ託します。そして「我こそは武田信玄の弟信繁!」と名乗りをあげるのでした。当然決死の突撃ですから討たれる信繁。そして諸角じぃも後を追って討死するのでした。81歳で討ち死にというのも壮絶だと思いました。

この勢い、この緊迫感ならば最終回も盛り上がれそうです。



Fuurinkazan

| | Comments (10) | TrackBack (14)

December 02, 2007

風林火山:第48回 「いざ川中島」

来週が楽しみですね、

・・・で終ってはいけませんか。

戦って勝つ気満々の政虎。受けて立つ気満々なのは信玄。
先に動いた方が不利と分かっていて、動いたのは武田軍だったのですね。

決戦を前に三条夫人が信玄に言います。
「此度は私のためにお勝ちくだされ」と。
三条夫人の後の悲しみを考えると、脚本家殿は意地の悪い台詞を言わせますね。

決戦を前に庭で槍を振る勘助。
齢60歳を超えているはずですが見事な槍捌きです。
後ろ姿を見守るリツ。
「最後はこのリツのもとへお帰りくださいませ」で、うるっときました。

でも勘助、一番は姫様なのね。
姫様の亡霊が息子・勝頼の初陣を止めたのでした。
勘助は最後の瞬間に誰を呼ぶのでしょうか。
まずオヤカタサマ、次は姫様、ミツちゃん、リツちゃんは・・・。

駒井と信玄の告白タイムは何だったのでしょう?

とりあえず、鬼美濃生きていて良かった。


今日もへろへろなので、まとまりのないまま終わります。



Fuurinkazan

| | Comments (6) | TrackBack (9)

November 25, 2007

風林火山:第47回 「決戦前夜」

先週お休みしている間にだいぶ話は進んだようですが(海津城も築城しちゃったようですし)、私にとって一番のニュースは葉月とデンベエがくっついたことです。目出度い、目出度い。おまけに葉月の内助の功でデンベエはご褒美までもらっちゃったようです。

もう一つのほのぼの話は勘助が香坂弾正にリツとの縁組を勧め、二人ともまんざらでもない様子だったこと。勘助の「リツを見ればわしの奥義が分かる」に対して、「人を慈しむ心それこそが山本様の奥義」と返すとは香坂弾正素晴らしいです。これで鬼美濃も成仏できましょう(ごめんなさい、まだ生きていらっしゃるそうで・・・)。そして勘助は心おきなく川中島決戦へ臨むのですね。

そうそう、長尾景虎殿は毘沙門天になられたそうで。

迫力のある川中島の決戦場面に期待。
気合いの入っているへーぞーが水を差しませんように。


Fuurinkazan

| | Comments (9) | TrackBack (9)

November 11, 2007

風林火山:第45回 「謀略!桶狭間」

悔しいです・・・。

『風林火山』、本来の主役は勘助(と晴信)ですが、私の中では今川家でした。
軍師・雪斎さまを失ったことで今川家が揺らぎ、桶狭間で義元殿が討たれると分かっていることではありましたが、悔しかったです。
義元殿の首が戻ってきた時、”顔はいいけどバカ息子”が少し頼もしく見えました。
そして、一人首の入った桶を抱く寿桂尼様の姿に号泣でした。
夫には「そんなに泣く場面か?」とつっこまれましたが、今川ファンとしては泣けるのです。なんだか私にとって今夜が最終回のようでした。
悔しくて歯軋りしながら観ていましたが、ドラマとしてはかなり面白い回だったのかもしれません。

うううっ、勘助、むかつく~~~っ!!!

勘助が清洲城を攻めると言ったから義元殿が大高城へ進軍した?
そんな訳ないでしょう。
まぁ、事実は分からないですけれど。

そうそう、ヘタレへーぞーは諸悪の根源宇佐美にスカウトされていましたね。
やはり皆様の予測するような悲劇へ向かうのでしょうか。

と言うわけで、今夜も興奮状態。
まとまらなくて、ごめんなさい。


Fuurinkazan

| | Comments (14) | TrackBack (9)

November 04, 2007

風林火山:第44回 「信玄暗殺」

どどどどうしましょう。
まったく想像していない展開で動揺しております。

っていうか、納得できないっ!

さらに、来週桶狭間~~~、辛いっ!!


クラブで心を落ち着けないと・・・。

Fuurinkazan

| | Comments (5) | TrackBack (3)

October 28, 2007

風林火山:第43回 「信玄誕生」

ある意味、面白い回でした。

リツちゃんが勘助の養女になり、ほのぼのコメディモード。
勘助は苦難の連続の人生ですから、たとえ嫁としてではなくともリツちゃんと一緒に生活して、少しでも和やかな時間を過ごせたらいいなと思いました。

長尾景虎と和睦する条件として、信濃守護職を得た晴信。しかし、信濃守護になったことで信濃を侵略しようとする長尾を討つ大義名分ができた、らしいです。一方、景虎は信濃守護より上の地位ということで、上杉憲政の養子となり上杉家と関東管領職を継ぐ、らしいです。こちらは、北条家を討つことが条件なのだそうで。景虎はあちこちで頼られているようで、ややこしいです。

さて、信濃守護となったからには出家して、家臣領民すべてを慈しめるよう己を律していこうと思うと、いきなり言い出したのは晴信。それは政略としてもいいことだと勘助も大賛成の様子。そして、晴信、鬼美濃、真田、勘助は頭を丸めたのでした。う~ん、みなさん、迫力がありますね。

久々に登場の矢崎家。こちらはなんだか暗いムードが漂っています。ヘーゾーが漂わせているのだけれど。ヒサの言うように穏やかに過ごせればいいと思うのですが。どうして勘助と張り合おうとするのかしら。
娘の名前をミツにしたのですね。ヒサはミツの話は知っているのでしょうか。

ところでオープニングの花の座、忍芽でしたか!?



Fuurinkazan

| | Comments (10) | TrackBack (11)

October 21, 2007

風林火山:第42回 「軍師と軍神」

別に勘助と景虎が遭遇しなくてもいいのではないかと思いつつ・・・

姫様が亡くなり悲しみに暮れる勘助。なのに晴信も志摩も「姫様との約束を守れ(=嫁をとれ)」とせっつきます。晴信も志摩も勘助も、由布姫にとってとても身近な存在だったはず。顔を合わせたら、まずは姫様の思い出話をしませんか?
心の整理がつかない勘助は、高野山へと旅立っていったのでした。

一方の長尾家では、家臣同士の内紛が起きていました。少しでも領地を増やしたい、自分の領地を守りたいとは当主として当然の考えだと思うのですが、景虎はこう言います。
「大熊、さように領地が欲しければこの城をそちにくれてやろう。城など無くとも、面目など立たずともわしには義が残る。」
なんか感じ悪~い。そんなキレイゴトでは戦国時代を生き抜けませんから、と思ったら、出奔してしまいました。

そんな二人が高野山で出会います。
「なぜ景虎が出家???」
疑問に思った勘助は火を焚いて真言を唱える景虎に近づきます。と、振り向きざまに急に攻撃を加える景虎。刀を抜かずに待ったをかける勘助に、かまわず攻撃を続けます。勘助に殺気があったのかもしれませんが、さっきまで真言を唱えていた人が抜刀していない者にいきなり攻撃はおかしいでしょ。それとも、武田家への呪いの言葉でも唱えていたのでしょうか。結局、清胤の一声で争いは収まりました。
そして二人仲良く曼荼羅のお勉強。翌日は二人仲良く朝ご飯。でもお経が聞こえていますから、朝のお勤めの時間かと思われますが。なんだか笑えない冗談を言い合って笑う二人なのでした。
べべん。

甲斐へ戻った勘助。リツとは縁組は縁組でも養子縁組ということになりました。
そうきたか。
でも、最後に勘助の穏やかな顔。まあ、これはこれでよしとしましょう。



Fuurinkazan

| | Comments (8) | TrackBack (9)

October 14, 2007

風林火山:第41回 「姫の死」

時代がどんどん動いている、そんな感じでした。

なぜそんな印象を持ったかと言えば、やはり松平元信の登場でしょう。
なんと、松平元信(後の家康)は雪斎さまの意志を継ぐ者だったのですね。雪斎さまはご最期を遂げられましたが、「天下に平安を」という意志は元信に引き継がれたのです。なんだか感動でした。今川家にとっては、大きな痛手ですけれど。大好きな今川トリオが解散してしまったということは、とても悲しいことですけれど。

ドラマとしても、主人公・勘助が愛してやまない姫様が亡くなられ、やはり大きな転機です。自分がいなくなっては勘助の生きる支えがなくなってしまうと思ったのか思わないでか、姫様は勘助にリツとの婚儀を命令します。「勘助、礼を言います。山本家の反映を祈りまする。ご武運を祈りまする。」涙目で頭を下げる姫様。言葉は強気でも姫様の勘助に対する愛情が感じられ(やはり相思相愛だったのですね)、うるっときました。

さて、今後の楽しみはデンベエと葉月の恋の行方(?)でしょうかね。


Fuurinkazan

| | Comments (9) | TrackBack (11)

October 07, 2007

風林火山:第40回 「三国同盟」

このごろ話題の勘助の結婚話から始まった今回。
晴信が由布姫に勘助の婚儀について相談しています。何故今頃、何故由布姫にと思っていたら、由布姫は来週亡くなられてしまうのですね。由布姫の運命を知っているかのように「そちを大事に思うておる」「いつまでもそばにいてほしい」と甘い言葉を連発するオヤカタサマなのでした。
一方館に戻った勘助を待っていたのは、噂のリツ。「勘助殿、私がお嫌いですか?」「私では奥方が務まりませぬか?」猛烈にアプローチしますが、なかなか勘助は落ちません。鬼美濃に文句を言いに行った勘助ですが、娘が気に入らないのか、本当はおまえになんかやりたくないっ!と逆ギレされてしまいました。そりゃあそうでしょう。

さて、長尾景虎が上洛している間に、武田、北条、今川の三国同盟を結んでしまおうと画策する武田家。織田との戦いで忙しい今川を北条に攻めさせ、助けるふりをして、三国同盟をまとめる作戦です。
「和睦などあってないのがこの世じゃっ!」と義元殿はイライラモードですが、さらりとたしなめる寿桂尼さまと、「したたかにおなりくださいませ」と武田の謀略にのることを勧める雪斎。大好きな今川トリオですが、来週で解散のようです・・・。新キャラ・氏真クンはボケ役のようで、これまでボケ役だった寿桂尼さまから「あほぅ」とツッコミ入れられていました。
そして雪斎自ら武田家、北条家へ使者に出向き、ついに冨士の見える善得寺でのお山の大将三者会談が開かれたのでした。同盟の証はそれぞれの姫をそれぞれの家に嫁がせること。まさに血によって家と家を繋ぐのですから、結婚とは最大の政治的手段なのでしょう。

梅姫が武田家を離れる日、三条夫人は涙ながらに娘を抱きしめるのでした。「そなたの不幸をここにいる誰一人望んではおりませぬ。」三条夫人の言葉は、盟約を破って子ども達を不幸にしてくれるなという、晴信に対する言葉のように聞こえました。

| | Comments (6) | TrackBack (10)

より以前の記事一覧